映画「ブラック・スワン」の無料動画をフル視聴!パンドラより120%安心♪

どうも、ジョーダンです。

映画「ブラック・スワン」を見逃してしまった!?

せっかく毎週の楽しみにしていたドラマを途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。全て録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送をフル高画質な動画で見ることができます。

スマホで見逃した無料動画を視聴する女性

もちろん今からフル視聴OKです。

とは言っても・・・

「なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えするフル動画配信サービスなら全て100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外の無料動画サイト

● 広告でゴチャゴチャした怪しい動画ファイルのDLサイト

などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法の無料動画アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

海外の無料アップロードは動画DL禁止

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では海外の無料動画サイトで、視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特に「Pandra(パンドラ)」などの海外の無料動画サイトには、サイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金

ということで今回の記事では、映画「ブラック・スワン」を安心安全、かつ簡単にフル視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

DVDレンタルせずに映画「ブラック・スワン」の動画を今すぐフル視聴!

もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配

そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか?

でも今は違います。

その場で今スグ全て楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな動画視聴サービスを見つけたからです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

「U-NEXT」はいくつかある動画フル配信サービスのひとつなのですが、映画「ブラック・スワン」を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中であれば、無料で全て楽しむことができます。

無料フル動画をパンドラより安全視聴

もちろん動画サービス内には、映画「ブラック・スワン」のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…(笑)

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに全部集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的だと思って私も使ってます。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも全て動画視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

ドラマや映画・アニメを無料視聴

ぜんぜん違法アップロードした海外の無料動画などの怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から全て楽しんじゃってください。

映画「ブラック・スワン」の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば全部を確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

映画「ブラック・スワン」のあらすじをチェック!

本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンが、過酷な減量を経て挑んだバレエは圧巻。プリマの心の闇を見事描いたダーレン・アロノフスキーにも拍手!

出典:http://video.unext.jp

注意!映画「ブラック・スワン」のネタバレ感想レビュー

元々は、ニナと母親の親子関係が大きな原因なのでは?と、考えさせられました。

ニナは、懸命に、母親の夢を叶えてやろうとします。

彼女に認めて貰い、自分の存在価値を見出したかったのではないかと思います。

母親は、ニナに純真さや従順さを求めます。

それ以外のニナは、受けつけないように見えます。

だからこそ、ニナは完璧な白鳥を踊れます。

でも、対極にある黒鳥は踊れません。

その事で悩みに悩む姿は、気の毒ですらあります。

真面目だから、悩みもトコトン悩んでしまいます。

そして、ついに行き詰まっていく姿に、こちらの息も詰まります。

とうとう、幻覚すら見るようになってしまいます。

現実と妄想の区別がつかない様子に、観ている方も、分からなくなってきます。

どんどんニナの感覚に引き込まれていくようで、恐さを感じました。

ラスト、ニナは自分自身を刺しながらも、最後まで踊りきります。

ニナは、幸せだったのでしょうか…。

観終わった後も、疑問が残ります。

どこからが現実で、どこからが幻覚だったのか。

もしかしたら、冒頭から現実ではなかったのか…とさえ、疑ってしまいました。

私にとっては、恐怖映画を観る以上に、恐怖でした。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

1・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

とても怖い映画だと思いました。

真剣に取り組むことは素晴らしいことだと思います。

ただ、ここまでのめり込んだりしたら危険だなって思えた映画です。

でも誰でも真剣に接し、それに対してのプレッシャーやストレスなどを抱えるとこういうことにもなり得る可能性があるのだなって感じられました。

華やかなバレエ界。見た目が華やかだけど、プリマドンナ達は、本当に陰で血の滲むような努力をしていて、見ていて痛々しい気持ちになるようなシーンもありました。

そして何よりこの映画の魅力はヒロインの気持ちの深さや、その美しさ、官能的な描写に魅力があります。

ヒロインが変わっていく様子、怖いけどすごいと思いました。

ライバルの妬みやプレッシャーなどのストレスを受けながらも、完璧に自分を育てようとして、とんでもない妄想に駆られていくのですが、それの成果?なのか迫力の舞台シーンでした。

ヒロインの努力の集大成。

ブラック・スワンのステージシーンではゾクゾクしてしまいました。

最終的にはショッキングなラストでしたが、とても怖く、でももう一度見たくなるような映画でした。

2・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

この映画は、SF映画として見ました。

しかし、映画を視ていくうちに、サスペンスの要素が大きかってです。

映画の内容は、主人公を演じるナタリーポートマンが有名バレエ団の中でトップになるために、ライバルと競争して行く話です。

そのなかで、主人公は幻覚をみ始めます。

黒い白鳥になるというもので、実はそれは主人公のもうひとつの人格が現れた時に見るのです。

しかし、変身したときは、誰よりも素晴らしいバレエを踊ることが出来るのです。

その時のナタリーポートマンの演技は圧巻です。観るものの心を奪います。

変身したときの彼女は、普段のおとなしい性格から一変して、白昼堂々バレエコーチとセックスをするほど、性格が逆転します。

そのギャップがとても、観る人の心を奪うのです。

ナタリーポートマンは、レオンの頃から演技がすごいと思っていましたが、今回のブラックスワンで、名女優ということが確信できました。

今後の彼女の映画も見逃せないと思いました。

ブラックスワンは、ナタリーポートマンの演技と映像美が合体してとてと良い映画になったと思います。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

3・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

主役を目指して、神経質な母親と暮らすバレリーナを演じるナタリー・ポートマンが美しく脆く、適役でした。

清純な少女、まさに白鳥(スワン)のようだった彼女が、チャンスを手にして、プレッシャーに押し潰され、追い詰められていく様が、まさにサイコスリラーでした。

美しく、怖い映画でもあります。

徐々に正気を失っていき、自分を見失っていく主人公。バレエの世界がすべてこうだとは思いませんが、過酷な世界なのがよく伝わってきます。

食事制限や高い要求をこなさなければいけないということ。

他者を蹴落とさなければ上にあがっていけない、周囲は仲間でありながらライバルでもあるということ。

かなり精神的に強靭でなければやっていけないんですね。

ラスト、本番の『白鳥の湖』で黒鳥を演じる彼女はとうとう正気を失いますが、そこで脅威とも言えるような素晴らしい演技を披露します。

まさに黒鳥そのものになりきっています。

バレエものの映画は美しくて好きなのですが、この映画はスリリングなので独りで鑑賞するのに向いてますね。

4・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

鑑賞したのはもう5、6年前にもなりますが強烈に印象に残っています。

主演のナタリー・ポートマンは子供の時から映画に出演されていて、とても美しい俳優さんです。

映画「レオン」のイメージが私の中では強かったのですが、この映画で大人の女性として色づいたナタリー・ポートマンを鑑賞することができました。

ちょっと大人のシーンもあります。

この作品全体を通して感じた事は、表現者としてのすごく繊細な感覚を持っていって、それが芸術となり、難しくもあるのですが逆に恐ろしくもあるということです。

完璧を求めすぎて、気がおかしくなってしまうくらいに突き詰めてしまうと、精神不安定になり、自分の人間活動をも揺がしてしまうような状態になるということが物語の後半で描かれています。

私自身も感情移入してしまい、見終わった後、少しの間精神不安定になっていたと思います。

何もかも完璧に1つのことを行うというのはそれだけ精神が集中してしまい他の部分が過ぎようとされてしまうので、心の安定を考えるのであれば、どこかに少し気を抜いたり、いい意味で楽をすると言うことが必要なのだと思いました。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

5・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

めくるめくバレエ界の華やかさと、その裏での女のドロドロ、そして芸術に魅せられそれに殉ずる人間の業、それらを一度に味わえる濃密な映画です。

主人公は元バレリーナである支配的な母親のもとでバレエに打ち込む内向的な女性。

バレリーナなら誰しも憧れる『白鳥の湖』の主演に抜擢され喜びますが、無垢な白鳥と妖しい黒鳥の一人二役を演じることはうぶな彼女には難しく、苦悩します。

そんな中、彼女とは正反対の性格の奔放なライバルがバレエ団に加入して頭角を現し、彼女の主演の座を脅かすように。

そして、度重なるハプニングや舞台へのプレッシャーが主人公を徐々に蝕み、現実と妄想の境界は徐々に曖昧なものになってゆきます。

映画終盤の本公演の壮大なバレエシーン、そして妖艶な黒鳥そのものになりきった主人公の姿は圧巻です。

次第に狂気に侵される主人公を熱演したナタリー・ポートマンは、本作の振り付け師と結婚したことでも話題になりました。

衝撃のラストシーンはじめ、痛々しいシーンが多い映画ですが、音楽や俳優たちの演技などが素晴らしいのは確かです。
一見の価値アリ。

6・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

世にも恐ろしき狂気と美の物語。

バレエダンサーとしてその人生を最後に役を全うすることに捧げた。

主人公の執念とその姿の美しさに思わず息を呑んだ。

白鳥の湖における白鳥と黒鳥は人間の二面性を暗示していて、今回その主人公演じるナタリーポートマンはその自分の隠された面を知り、表現することに葛藤を感じている。

それは観客である私たちが感情移入できることであり、終始ナタリーと共に踊り、葛藤し、愛し、嫉妬し、苦悩し、絶望するのである。

彼女の演技には本当に芸術を追い求める人間の絶望と恍惚と苦悩の感情が表現され、こちらも胸が苦しくなる。

しかし、その自然体で徹底した役作りはリアリティにとみ、臨場感をこちらに与えるのだ。足だけを映すシーン、自慰行為をするシーン、1つ1つフェティシズムを感じさせ、性と芸術の繋がりを感じた。

究極に芸術とは何かを知った人が、わかりやすくそれを表現するために映画化したのではないかと思った。

芸術とは苦悩すること、そして役にとられて死ぬのも厭わない覚悟がある者だけが、成すことができる。

最初のシーンはその覚悟を元に悪魔に魂を売る場面を表してるんじゃないかと思う。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

7・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

白鳥の湖にのめり込んだバレリーナが徐々に崩壊していくっていう話ですね。

白鳥の湖に登場する白鳥(正義)と黒白鳥(悪)、これらを懸命に演じようとする主人公の姿は美しいのですが、それをより完璧に演じようとするあまりに精神を壊してしまっていく姿が実に恐ろしいです。

そこまで精神を削って演じないといけないものなのか問いかけずにはいられませんでした。

俳優さんや女優さんで体重を激増、激減したとか、歯を役のために抜いたとかよく聞く話ですよね。

そこまで懸けるほどの役なのか自身のプライドなのか、ただそこに懸ける思いは充分に伝わってきます。

それまであまりダークなイメージのなかった主人公を演じるナタリー・ポートマンも全力てで役にぶつかってましたね。

スターウォーズのお姫様のイメージをガラリと変えてくれました。

これができるのは良い女優さんということですよね。

話自体は終始暗いまま、重苦しい雰囲気がずっと漂っていて見てる側は疲れますが、主人公の役に対する熱とそれ故に転落していく様は見る価値ありです。

8・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

元々バレエをやっていたので、バレエの華やかな世界が描かれているのだと思い、観ました。

しかし、内容はバレリーナの苦悩が中心であり、バレエの世界の大変さ、自己管理能力や恋愛を通して主人公が成長していく姿に感動しました。

さらに、主役のナタリー・ポートマンはバレエを長い間習っていたこともあり、バレエを綺麗に踊り、舞台衣装も着崩すことなく綺麗に着こなす姿は茫然としてしまうほど、とても綺麗です。

脇を固める俳優たちもとても演技、 バレエ共にとても上手です。

バレエを全く知らない人でもわかりやすいように世界観が構成されているので初心者の私にもとても分かりやすかったです。

さらに、最後までノンストップで話が進んでいくので飽きることなく見続けることができ、とても面白いです。

バレエの世界の独特の華やかさと人の思いが交錯して産み出す大変な人間関係が混在していてとても面白いです。

私たちの日常とも関連付けて考えやすいかと思います。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

9・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

ナタリーポートマンが撮影期間にバレエに取り組んだにしては物凄い上達振りなのだろうが、プロでバレエ団の主役を担う役となるとどうしても技術の不足が気になった。

全体としてはストーリーやCGも見応えがあって、想像を掻き立てられた。

特にポートマンが精神を病み、ささくれを剥く場面は非常にリアリティに溢れていて、ぞっとした。

身体が黒鳥の羽に侵されていく場面も印象的だった。

だが、最後に人間ではなくなっていくシーンはあまりに現実味がないというか、SF感が満載でやや拍子抜けした。

私はバレエをしているのでバレエの世界の厳しさは少しは分かるつもりなのだが、この物語の主人公のような精神の持ち主では、そもそもバレエ団のトップにまで上り詰めることは出来ないだろうと思った。

彼女はライバルとの競争に精神を病み、自分を失い、役にも追い込まれてしまった。

映画としては描きやすいストーリーかもしれないが、白鳥と黒鳥を使い分ける心身の強靭さが求められるプリマバレリーナの役としてはやや似つかわしくないように思えた。

10・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

バレリーナの葛藤を描いた話です。

白鳥の舞いを演じながらも、黒鳥としての自分が心の中にいます。

周りからのプレッシャーやどうしてうまく踊れないのだろうかという自問自答の日々、同じバレリーナからの嫉妬もあり、つぶされそうになる中、自分の中に住んでいる黒鳥がどんどん大きくなっていきます。

周りの誰かが私を陥れようとしているというのは思い込みで、自分の中の自分が自らの首を苦しめているのです。

主人公の中の白鳥と黒鳥がどんどん外に出てきて、二重人格のようになっていきます。

見ている私は、はじめは主人公と同じように彼女をねたむ誰かが彼女のことを陥れるようなことをしているのではないかと思っていました。

きれいな映像の中にも所々どす黒い、人間の悪い部分が浮き出るような映像が含まれていて、これが人間関係のリアルなのかと思いました。

しかし、最後の最後でそれが彼女の中の想像に過ぎない、彼女の想像の中のことであるとわかったとき、全身が震えたのを覚えています。

映像・音楽、すべてが綺麗で、リアルな映画だと思いました。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

11・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

女の深い闇をみました。

美しいダンスシーンのなかにもどこか陰鬱な雰囲気漂うこの作品、グロテスクな表現に思わず目を覆いたくなる場面も。

あまり良い後味ではありません。

ただ、人間(特に女性)にあるねたみや組織のなかで選ばれるデメリット面を感じました。

ただ綺麗なだけではかい、バレエダンサーの儚い世界を垣間見ることができます。

見たのは数年前になりますが、まだ頭に残っています。

これが良い作品ということなのでしょうか?

アンジェリーナ・ジョリーの演技に自然とひきこまれた分、胸くそがわるい(失礼)モヤモヤがたくさんありますが、これも名女優&名演技ならではの副作用なのでしょうね。

バレエといえば白鳥の湖、王道のバレエキラキラ世界を期待してみると、拍子抜け?してしまいますが、こんなに不安定な人間の気持ちを体感できる映画もこれはこれで良い人生経験になるかと思います。

私が仕事に疲れて若干鬱気味だったときの世界観に似ています笑。

こういう思考回路になりかけたら、休むのが一番ですね。失礼しました。

12・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

終始暗い雰囲気のストーリーだが、緊迫した空気感で話が進んでいくため、最後まで集中を切らさず鑑賞できました!

真面目で成績優秀な主人公が、妖艶で魅惑的な黒鳥を演じきれずに苦しむ姿がトップに立つ人間の苦悩なのかなと考えさせられる内容でした。。

(ナタリー・ポートマンの体の細さにも目がいきます…)

女世界特有のドロドロとした雰囲気はもちろん、そこに加えて上手く自分を表現できないニナに焦りや嫉妬の感情がどんどん芽生えていく様子もわかりやすく描かれています。

さらに、母の行き過ぎたバレエへの執着心や手段を選ばず主役を奪いかねないライバルの存在などが拍車をかけ、ニナの精神を壊していく様子が痛いほど伝わってきます。。

(切迫感のあるカメラワークだなと思いました!)

そこまでして主役を演じたいのか…と普通の人間なら思うところがたくさんあるのですが、プロの世界だからこそここまで厳しいのかと考えさせられました。

最後のブラック・スワンの演技は、あらゆる経験(幻覚を見るほどの精神崩壊)を通してこそ表現できた最高の演技になったのだと思います。

最後に・・・とにかくナタリー・ポートマンが美しい映画です。

当初は表現できなかった白鳥と黒鳥のギャップを楽しめるのではないかと思います。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

13・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

子どもへの過干渉気味の母親に育てられた主人公のニナは、母親の果たせなかったバレリーナの夢を叶えるべく、バレエ団に入団したのだが、周囲との軋轢、大役のプレッシャーによって、徐々に自分を見失っていくというサイコ・サスペンス。

この作品では、人間の弱さ、誰もが内に秘めている黒い部分が浮き彫りになっていて、それを主演のナタリー・ポートマンが上手く表現している。

劇中冒頭、ニナはとても可憐で弱々しい箱入り娘の印象なのだが、物語が進むにつれ、徐々に壊れていくのが、ナタリー・ポートマンの演技がすばらしく、違和感なく、とてもうまく描かれている。

この作品、観る前はバレエ団を舞台にした群像劇のように思っていたのだが、とんでもない。

とても恐ろしく、怖いスリラー…いや、ある意味ホラーの要素もあるサスペンスだった。

この作品で提示されたのは、どんな人間でも、醜い部分も持っているし、その醜い部分に自分を乗っ取られないギリギリのところで、危ういバランスの上に立って生きているのではないか?という事だと思います。

これほど普通の人間の怖い部分を見せつけられた映画は、見たことがありません。

それにしても、最後ニナは何を考えて死んでいったんでしょう。

大役を終えて、満足していたのか?はたして…

14・他の視聴者さんの「ブラック・スワン」の感想

ナタリー・ポートマンの演技の素晴らしさや作品自体の評価が高いと聞いてなんとなく見始めたこの作品でしたが、女の子どうしの主演争いかと思って見ていると、驚かされます。

現実なのか妄想なのか、見ている方も主人公の主観に入り込んでいき、同じ感情を追体験していくことができます。

かなり密着したいびつな母子関係にぞわっとしたり、完璧主義で悲観的な主人公の生きづらさに胸が痛みます。

狭いアパートに二人っきりで住む母子のやりとりは、あとの展開をうっすらと想像させるようでした。

また、主演のナタリー・ポートマンが完全に本物のバレリーナの体つきになっていて、振り替えなしの圧巻のダンスシーンが見られます。

間違いなく、この作品での演技は彼女の女優人生において代表作になったと思います。

すべて見終わると、濃密な感情の揺れや、一人の若い女性の人格崩壊の過程にすっかり疲れていました。

なんとなく見始めるものではなく、心して見てもらいたい秀作です。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

映画「ブラック・スワン」の関連記事はこちら

あと当ブロフで書いた、映画「ブラック・スワン」に関連性のある記事はこちらです。

ネタバレした感想を全部まとめてたくさん書いてるのもあれば、少ないのもあります。そのときの気分で掲載してます(笑)

映画「ブーリン家の姉妹」の視聴が無料動画で!見逃しても今すぐ再放送!

他にも、こんな作品を多くの人が見ています!

ちなみに映画「ブラック・スワン」のほかにも、「U-NEXT」なら、こんな映画やドラマも高画質なフル動画で観れるのでオススメですよ。

クドイようですが、もし海外の無料動画サイトを使ってる人がいたら、これを機に卒業したほうが…

● 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」

→ シュールに爆笑!勇者ヨシヒコ(3rd)12話(最終回)を無料フル動画で視聴!パンドラより安全!

● 「黒子のバスケ ウインターカップ総集編」

→ スラムダンクとは違った魅力のある青春バスケマンガが原作のアニメです!

● 「東京ゴッドファーザーズ」

→ 世界的な評価を得た日本アニメ!46歳で亡くなってしまった伝説の映像作家である今敏監督作!

● 「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

→ リビアのアメリカ領事館が襲われた!テロリストとの迫力のある戦闘!

● 「デビアスなメイドたち シーズン1」

→ 予想の斜め上をいく美女メイド達のはちゃめちゃドラマ!

● 「チェーン・リアクション」

→ キアヌ・リーヴス主演!謎に満ちたサスペンスアクションに目が離せない!

● 「デッドプール」

→ 正義のヒーロでも何でも無い!ヒールが大暴れします!

● 「レヴェナント: 蘇えりし者」

→ 実在したヒュー・グラスの物語を映画化!壮絶サヴァイブ復讐劇!

● 「ちはやふる 上の句」

→ 競技かるたに青春を注ぐ女子高生!コミックが激売れ!

● 「Orange(オレンジ)」

→ 純愛ラブストーリー!未来からの手紙で全てが動き出す!

● 「真田丸」

→ 戦国武将の真田幸村の奮闘!NHK大河ドラマです!

● 「AVATAR(アバター)」

→ 惑星パンドラで繰り広げられる近未来アドベンチャー!

● 「家売るオンナ」

→ 北川景子が演じる堅物キャラが大ウケ!デキる不動産屋さん物語!

● 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

→ 女性の下着をかぶったヒーロー!懐かしいあの作品です!

● 「ソラニン」

→ 浅野いにおの人気コミック実写化!メンヘラ女子に人気だとか!?

● 「神さまの言うとおり」

→ 高校のクラスが突然デスゲームの舞台に!?知的な楽しみたいなら!

● 「ヘルタースケルター」

→ 沢尻エリカがバスト丸出しで話題に!整形しまくるアイドルの闇!

● 「おそ松さん」

→ あの六つ子が新しくなって帰ってきた!ティーン中心に再沸騰!

● 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

→ アメコミ人気ヒーローウルヴァリン誕生の秘密!過激アクション!

● 「あなたは私のムコになる」

→ 幸せになるヒントが分かる!?女性に共感を呼びヒット!

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画、アニメがないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね!


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXTなら雑誌で最新情報もチェックできます!

ちなみにユーネクスト(U-NEXT)に入ると、新しい雑誌も読み放題できて楽しいですよ。

最新雑誌も無料で読み放題
トレンド雑誌をタダ読みOK

具体的には・・・

●サイゾー
●週刊アサヒ芸能
●週刊女性
●週刊プレイボーイ
●GetNavi(ゲットナビ)
●月刊GoodsPress(グッズプレス)
●ぴあ
●サッカーダイジェスト
●ALBA(アルバトロスビュー)
●eclat(エクラ)
●Scawaii!(エスカワイイ)
●Seventeen(セブンティーン)
●non・no(ノンノ)
●BAILA(バイラ)
●VOGUE JAPAN (ヴォーグ ジャパン)
●marisol(マリソル)
●MORE(モア)
●Ray
●MAQUIA(マキア)

などなど。

色んなジャンル別にた~くさんあるので、老若男女問わず選びまくれます。

電子書籍・コミックも大量!

あとU-NEXTってドラマや映画などのイメージが強いですが、実は電子書籍や漫画コミックもラインナップが豊富です。

飽きずに楽しめて結構ウハウハです(笑)

無料マンガもDL可能
無料動画のほかに電子コミックも読み放題

●アイアムアヒーロー(花沢健吾)
●キングダム(原泰久)
●ノゾ×キミ(本名ワコウ)
●ジョジョの奇妙な冒険(荒木飛呂彦)
●生贄投票(江戸川エドガワ・葛西竜哉)
●ONE PIECE(尾田栄一郎)
●テラフォーマーズ(貴家悠・橘賢一)
●溺れるナイフ(ジョージ朝倉)
●ハツカレ(桃森ミヨシ)
●天野めぐみはスキだらけ!(ねこぐち)
●食糧人類-Starving Anonymous-(蔵石ユウ・イナベカズ・水谷健吾)
●アイアムアヒーロー(花沢健吾)
●ヤバすぎる心理術(神岡真司)
●クックパッドの大人気おかず108
●社長に求愛されました(pinori)

あくまでほんの一部ですが、メジャーで人気のある作品から、マイナーで知る人ぞ知る作品がわさわさしてます。

明らかにコスパが良いので、ぜひ試してみてくださいね~!


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

ではでは、紹介してたら私もまったり観たくなったので(笑)以上です!

最後までご清聴ありがとうございました!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>