映画「ちはやふる 上の句」の動画が無料に!?レンタルせず視聴!

どうも、ジョーダンです。

「ちはやふる 上の句」を見逃してしまった!?

せっかく毎週の楽しみだったドラマを途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その回の放送を見ることができます。

WS000039

もちろん基本的に無料でOKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えする動画配信サービスなら100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外のサイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しいやつ


などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

ということで今回の記事では、「ちはやふる 上の句」」を安心安全、かつ簡単に視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

���£�¯�¿�½���´���£�¯�¿�½���¸���£�¯�¿�½���© U-NEXT


DVDレンタルせずに「ちはやふる 上の句」」を無料視聴!


もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルDVDが出るまで待つ
● レンタルDVD屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配


そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな視聴サービスを見つけたからです。


「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス




「dTV」はいくつかある動画配信サービスのひとつなのですが、「闇金ウシジマくん3「第9話(最終回)」を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中であれば、無料で楽しむことができます。

WS000042

もちろんサービス内には、「ちはやふる 上の句」のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的かもしれません。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードでも怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から楽しんじゃってください。

「ちはやふる 上の句」の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。


「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

WS000043

「ちはやふる 上の句」のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

競技かるたに打ち込む高校生たちの青春を描き、コミックス既刊29巻で累計発行部数1400万部を突破する末次由紀による大人気コミック「ちはやふる」を、広瀬すず主演で実写映画化した2部作の前編。

主人公・千早を演じる広瀬のほか、野村周平、真剣佑らフレッシュな若手俳優が共演。

監督を「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏が務めた。幼なじみの綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は、新に教わった「競技かるた」でいつも一緒に遊んでいた。

新の競技かるたにかける情熱に、千早は夢を持つことの大切さを教わるが、そんな矢先に新は家の事情で遠くへ引っ越してしまう。高校生になった千早は、新に会いたい一心で「競技かるた部」創設を決意し、高校で再会した太一とともに部員集めに奔走。

なんとか5人の部員を集めて競技かるた部を立ち上げた千早は、全国大会を目指して練習に励む。

出典:映画com


ちなみにTSUTAYAでレンタルDVDが出るのは9月21日からです。でも、わざわざ足を運ばなくても、無料お試し期間中であればタダで見れちゃう訳ですけどね。

もしどうしてもDVDじゃないと気が済まない!という方は、レンタルDVDを検討してみてもいいかもしれません。

ただ配信サービスなら、いつでも好きな場所と時間に楽しめることは繰り返しお伝えしておきます。最近は「闇金ウシジマくん」なんかを、電車の通勤中にタブレットやスマホでみてる人を見かけました(笑)

映画「ちはやふる 上の句」の感想


やっぱり原作ストーリーが良く、骨子がしっかりしています。だからストーリーや設定について低評価をくだす人は少ないですね。

あ、もちろん原作を読んでいない、初見の方でも楽しめるようになっています。

実際、「ちはやふる」をまったく知らない友人と見に行きましたが、かなり好評でした。特にストーリーやキャラクター設定で、理解に苦しむような点もなかったようです。

そして映画「ちはやふる 上の句」の主演は、現在ガンガン売り出し中の広瀬すずちゃんが主演です。

でも別に、彼女のワンマン映画になっているわけではありません。きちんと周辺の人間関係や、ほかのキャラクターを立てた構造になっており、彼女だけにスポットライトが当たるわけではないです。

これはもう…映画の製作スタッフのなかに、「たぶん原作ファンが何人かいるよね?」っていうくらいキメの細かい仕上がりになっていました。原作ファンも嫌な気持ちしませんよ。

よくコミックが映画化や実写化になると、失望することが多いのですが、ちはやふるは安心して見ることができました。また見たい!と思える感じ。

良い意味で原作との違いが出ており、かつ原作の大事な部分はハズさない。そんな安心感すらあります。

にしてもカルタの話なのに、ここまで起伏のあるストーリーやシーンに仕立て上げられるのはスゴいですね。原作もすごいですが、映像でみるとまた何とも迫力があります。すごくかっこいい。

これなら何も自分だけじゃなく、他の原作ファンの方からも高評価なのも納得。

まぁあと強いて難点をあげるとすると…ちょっとむずかしいですがスピード感ですかね。

ちょっと展開が進むのが遅いかな?という印象でした。これは製作サイドが原作をリスペクトしてるからこそ、なのですがちょっと細かいところまで丁寧に描きすぎてるのかもしれません。

といって、あくまで強いて言えばであって、個人的には100点満点ですね。ちはやふるの映画化、成功!といった手応えです。

ということで、だいぶ偉そうに語ってしまいましたが(笑)

とにかく原作ファンで、かつ広瀬すずちゃんが可愛いと思える方であれば、手放しでオススメできる映画になっています。

あと勝手にですが、そんな自分と同じような「ちはやふる」ファン、映画ファンにとって、本当に楽しめるサービスなので「dTV」を改めて紹介しておきますね。

なんていうか…いいですよコレ(笑)ほんと寝不足だけはお互いに気を付けましょうねって感じです。


「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス




他にも、こんなドラマを多くの人が見ています!


ちなみに「ちはやふる 上の句」のほかにも、「dTV」なら、こんなドラマもオススメですよ。

● 「ウォーキング・デッド」

→ アメリカ人気1位のハチャメチャ作品のスピンオフストーリーも有ります!

● 「ベルセルク」

→ 人気コミックが原作となっているファンタジーバトル!人間関係が深い!

● 「クレヨンしんちゃん」

→ 大学生や大人にもウケが良い国民的アニメ!

● 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」

→ 映画版は少しグロいですが面白さ120点!

● 「アイアムアヒーロー はじまりの日」

→ 長澤まさみ出演!ZQN(ゾキュン)の大量出現のきっかけとは!?

● 「テラフォーマーズ 新たなる希望」

→ ドラマでも映画でもない。ファン眉唾モノのオリジナルストーリーが実現!

● 「高台家の人々 dTVオリジナルドラマ」

→ 実写映画とも違うアナザーストーリーを楽しめ!

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。


「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス


では、今回もお読み頂きありがとうございます!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>