映画「デッドプール」の視聴が無料に!?パンドラより安全な動画!

どうも、ジョーダンです。

映画「デッドプール」を見逃してしまった!?

せっかく楽しみにしていた映画を見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送を見ることができます。

WS000039

もちろん基本的に無料でOKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えする動画配信サービスなら100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外のサイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しいやつ

などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特にサイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金

ということで今回の記事では、映画「デッドプール」を安心安全、かつ簡単に視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

DVDレンタルせずに映画「デッドプール」を無料視聴!

もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配

そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな視聴サービスを見つけたからです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

「U-NEXT」はいくつかある動画配信サービスのひとつなのですが、「IQ246 華麗なる事件簿1話(10月16日)」を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中であれば、無料で楽しむことができます。

WS000042

もちろんサービス内には、映画「デッドプール」のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的かもしれません。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードでも怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から楽しんじゃってください。

映画「デッドプール」の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

映画「デッドプール」のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

全世界まさかの記録的大ヒット! 

自己チュウで無責任な“R指定”ヒーロー降臨!

かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイドは、ある日、末期ガンと宣告される。

謎の男にガンを治せると聞かされ、彼は連れていかれた施設で治療に臨むが、そこでは余命わずかな者たちが人体実験を施され、戦闘マシンとして売られるという恐ろしいプロジェクトが進んでいた。

ウェイドも実験によって改造され、どんな攻撃を受けても回復できる肉体を手にするが、醜い姿になり施設から脱走。

元の自分に戻り、愛する女性と再会するため、自作のコスチュームで「デッドプール」となった彼の戦いが始まる!

出典:映画「デッドプール」公式サイト

2016年のシッチャカメッチャカな映画といえば、最近はデッドプールですよね(笑)

最初みたときは「スパイダーマンかな?」とコスチュームが似ていて思いましたが、まったく性質すら違うヒーローでした。

なんとなく鬱屈した気分のときはデッドプールを見ると清々しくなります。

雨の日とかにもバッチリですね!

映画「デッドプール」の感想

基本的にストーリー自体は、ベタな感じのやつですね。

「愛しの女性を救い出すべ悪と戦うぜ!」という典型的なヒーローアクション物語。

でも見た人は御存知の通り…そのヒーローのおバカさとか、お下品さが、他のヒーローとは次元が違います(笑)

それにただクレイジーなだけでなく、ちゃんとアクションを魅せていて格好いいところは格好いい。そんな王道ストーリーのなかにもメリハリのある演出が盛り込まれていて飽きない作品です。

もしかしたらギャグセンスといいますか、笑いのツボがあわない方もいるかもしれません。けれど、アレはアレで海外らしいので好きな人はどっぷりハマるでしょうね。見方によっては知的です。

あ、ちなみに敵と戦うシーンは苦手な人がダメかも。ちょっとグロテスクさもあるけど、まぁマンガの描写などに比べたら愛嬌のある程度です。そこまで構える必要はないかなと。

ということで、ただ奇抜なキャラクターだけに依存せずに、色々と趣向の凝った仕上がりになっていました。

アメコミらしい大味なテイストに、実写による精細さが上手く組み合わせていたかなーって感じ。

あ、「デッドプール」をきっかけに、他のアメコミヒーロー系の映画も漁りながら過ごしていると、気がつくと自分みたいにハマっていくので気をつけてくださいね(笑)

このサービスのせいで、見たい映画リストが溜まっていくばかりです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

他のヒトの映画「デッドプール」の感想レビュー!

映画デッドプールは近年増え続けるアメコミ映画のなかでも、特に際立った映画だったと思います。

2016年はアメコミ映画の年と言っても過言ではなく、ディズニーマーベルの「シビルウォー」やDCコミックスの「バットマンvsスーパーマン」「スーサイドスクワッド」など名だたる超大作が公開されました。

しかし、その中においてこのデッドプールという映画はまったく負けておらず、いやむしろ勝っていたとさえ私は思います。

やはりこの映画はアメコミ映画としては異例のR指定がついてるところが、非常にすばらしいと思います。

当初は全年齢版も作られたようですが、デッドプールというキャラクターをきちんと再現するためにはハードな描写は外せないという製作陣のポリシーにより、配給の反対を押し退けR-15での公開になりました。

ところがR指定ということからか、アメコミ映画としては少ない予算(シビルウォーの1/4)と108分という非常にタイトなストーリーになっており、他にも大作が控えていたことから、正直そこまで配給からは期待されていなかったそうです。

しかしながらキャラクター描写に妥協しなかったところや近年どんどん長くなっていくアメコミ映画と比べて、2時間未満でさらっとみれる点やR指定といいつつある程度、抑えてあるハード描写後述のシンプルなストーリーの良さによって世界中で大ヒットがしたんじゃないかと私は考えています。

続いてストーリーですが、ほんとにシンプルで王道なラブストーリーだと思いました。

とてもぶっ飛んだヒーローが主役の映画とは思えないくらい素直に感動しました。

もちろんデッドプールといえば「第四の壁」突破のメタネタで、実際の劇中でも映画を破綻させない程度の塩梅で、メタネタが仕込まれておりとても面白かったのです。簡単にいうと観てる私達に話かけてきます。

実際のストーリーが例えどんなに醜くなっても、どんなに不幸な目に遭っても、愛する人のために戦うという王道ストーリーであったというのがとても良かったです。

まさかデッドプールで笑い泣きでなく感動で泣くとは思いませんでした。

こういった意味でもいろいろぶっ飛んだ映画だと思います。ぜひおすすめします。

2・他のヒトの映画「デッドプール」の感想レビュー!

この映画一応アメコミヒーロものではあるのですが、主役ヒーローであるデッドプールの言動や雰囲気は最初から最後までそこはかとなく下品です。

しかし、デッドプールの下品さ、軽さ、ワルさ(この単語の羅列だけではとてもデッドプールがヒーローには思えないですよね)がこの映画の最大の魅力なのです。

デッドプールがこんな性格ですから、自分の顔を醜いバケモノにした相手をボコボコにしたうえで顔を治させてやろう、というデッドプールのアメコミヒーローらしからぬ目的もすんなり納得することができます。

調子のいい自由奔放なデッドプールだからこそ引き立つ、小気味よく疾走感のあるアクションシーンは必見です。

僕ははじめてアクションシーンを見ながら声をあげて笑いました。

アクションシーンでひとしきり笑わせてもらった後もデッドプールお得意の下ネタやジョークで笑わせてもらっていたので、この映画を見ている時間の大半はゲラゲラと笑って過ごしていたように思います。

この作品のもう一つの魅力として、色々な映画や俳優などを揶揄したジョークや、映画を観ている視聴者たちに語りかけてくるデッドプールなど、いわゆる「第四の壁」を破った手法を多用しまくっていることがあげられます。

僕自身はそこまで洋画に詳しくないので、パロディにはなかなか気付けずじまいだったのですが、洋画をよく見る方々ならこの作品をさらに楽しむことができるのではないでしょうか。

最後に、ただ一つ、みなさんがこの作品を観る前に知っていて欲しいことがあります。

それは、この作品は感動の涙で視界を曇らせるようなものでも、何かを深く考えさせられるような映画でもない、ということです。

頭を空っぽにして、デッドプールが織りなす喜劇を楽しむ、そんな映画です。

興味を持った方はぜひご覧下さい。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

3・他のヒトの映画「デッドプール」の感想レビュー!

マーベル作品としては異色のヒーローものといえるでしょう。

コメディー要素満載の作品で私は大好きでした。

デッドプールは〝死の賭け”を意味しており、それが主人公ウェイドの通称となっています。

彼が身に着けているスーツはミュータントになる際にできた、ひどいやけどのようなただれた素顔を隠すために身につけられていますが、劇中何度か外されます。

また、ミュータントになる前のウェイドの姿も劇中に出てきて、ミュータントになる経緯が描かれています。

なので、ライアン・レイノルズファンも、彼の本来の顔を拝めるのできちんと楽しめると思います。

デッドプールは観客にとりとめもないことを話しかけてきたり、ほかのマーベル作品に登場するキャラクターに言及してしまったり、とやりたい放題で本当に面白いです。

ダーティージョークも多々出てくるので、大人は大いに楽しめると思いますが、子供の教育にはよくない、と言わざるを得ません。

しかし、ここまで歯に衣着せぬ物言いのスーパーヒーローの姿は本当に笑えます。

また時間が行ったり来たりして、今自分がどの場面を見ているのか?ということが後につながってきます。

展開から目が離せないつくりになっています。

ハッピーエンドの最高に笑えるアクション超大作といえる作品です。

他にも、こんなドラマを多くの人が見ています!

ちなみに映画「デッドプール」のほかにも、「U-NEXT」なら、こんな映画やドラマもオススメですよ。

● 「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

→ リビアのアメリカ領事館が襲われた!テロリストとの迫力のある戦闘!

● 「デビアスなメイドたち シーズン1」

→ 予想の斜め上をいく美女メイド達のはちゃめちゃドラマ!

● 「チェーン・リアクション」

→ キアヌ・リーヴス主演!謎に満ちたサスペンスアクションに目が離せない!

● 「デッドプール」

→ 正義のヒーロでも何でも無い!ヒールが大暴れします!

● 「レヴェナント: 蘇えりし者」

→ 実在したヒュー・グラスの物語を映画化!壮絶サヴァイブ復讐劇!

● 「ちはやふる 上の句」

→ 競技かるたに青春を注ぐ女子高生!コミックが激売れ!

● 「Orange(オレンジ)」

→ 純愛ラブストーリー!未来からの手紙で全てが動き出す!

● 「真田丸」

→ 戦国武将の真田幸村の奮闘!NHK大河ドラマです!

● 「AVATAR(アバター)」

→ 惑星パンドラで繰り広げられる近未来アドベンチャー!

● 「家売るオンナ」

→ 北川景子が演じる堅物キャラが大ウケ!デキる不動産屋さん物語!

● 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

→ 女性の下着をかぶったヒーロー!懐かしいあの作品です!

● 「ソラニン」

→ 浅野いにおの人気コミック実写化!メンヘラ女子に人気だとか!?

● 「神さまの言うとおり」

→ 高校のクラスが突然デスゲームの舞台に!?知的な楽しみたいなら!

● 「ヘルタースケルター」

→ 沢尻エリカがバスト丸出しで話題に!整形しまくるアイドルの闇!

● 「おそ松さん」

→ あの六つ子が新しくなって帰ってきた!ティーン中心に再沸騰!

● 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

→ アメコミ人気ヒーローウルヴァリン誕生の秘密!過激アクション!

● 「あなたは私のムコになる」

→ 幸せになるヒントが分かる!?女性に共感を呼びヒット!

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>