エボラ熱に効くファビピラビルを韓国が買い占めるつもりで批判の嵐に(笑)

どうも、ジョーダンです。


すげぇぇぇ!
富士フィルムが世界を救うかも!



なんでもエボラ熱とノロウィルスの治療に、
富士フィルムのファビピラビルが
効果あるらしいよ!?



ファビラピルって噛みそうな名前だけどさ(笑)

エボラ熱の患者さんに投与したら、
回復に向かいだしたんだってよー。



マジで富士フィルム

・・・ぐっしょぶ!!!

WS000046

今まで色んな薬を試しても、
なかなか効果がなかったエボラ熱だけど・・・



ファビラピルのおかげで、
感染拡大を阻止できるかもねー。



それが富士フィルムってことで、
日本人としては嬉しい限りだわ、うん。



でも・・・


どうやら韓国が、
また何か企んでるっぽいね(笑)



なんでも韓国政府がさー、
ファビラピルを買い占めようとしてるらしいよ?



相変わらず色々とお騒がせするなー。


ファビラピルはまだ未承認だから今がチャンスってか


えーとね、ファビラピルが確かに、
エボラ熱とノロウイルス感染を
回復させる効果があるらしいけど。



まだ正式に承認された薬では無いんだ。
お試し中みたいな感じ?



でも回復効果が実際にあったことだし。

今後、ファビラピルは、
エボラ熱の承認薬として・・・



正式に認められるに
違いないやん?



だからそうなる前に、
今現在、未承認の段階で・・・



韓国が、
「一気に買い占めたるでー!」



って感じで検討してるようだね。

もちろん韓国だけの話じゃないけどね。
色んな国でも当然、輸入は検討されてるみたい。



でも曲がりなりにも、

ファビピラビルは
日本で作られてるものだよ?



このあたりが、韓国の買い占め検討に、
色々とネットで批判を集めてるみたいねー。


富士フィルム(日本)のファビピラビルを反日の韓国が買うって?


まーやっぱりさ、
ただでさえお騒がせの韓国やん?



それだけに日本人ネットユーザーは、

「反日行為を謝罪してからにしろや!」

と、手の平を返そうとする韓国に批判(笑)


で、日本人的にはやはり、

「親日国に優先して販売して欲しい」

という気持ちがネットの声でもあるよね。
うん、私ジョーダンもその気持ちわかるわー。


しかも韓国のことだからさー、
必要以上に買い占めそうやん?(笑)

そのくせ色々とイチャモンつけそうだし・・・。

ゴメン!まだファビピラビルの副作用が心配されてるっぽいよ!


ごめんよー、
ちょっと早とちりしたかも(笑)



うん、色々と書きながら調べてたら、
まだエボラ熱やノロウイルスの承認薬としては・・・



副作用が懸念されて、
まだ先送りされるかもね。



というのも、ファビピラビルを使うと、
出産時に奇形児が産まれやすくなる可能性だとか、
まだ判明していない副作用があるかも知れない段階らしいよ?



・・・ただこの情報は、
公式発表ではないから話半分でね!



まーでも、やっぱりエボラ熱やノロウイルス感染を、
回復させる頼もしい薬なだけに、捨てがたいよねー。



うん、だからさ、

これなおさら・・・
韓国が買い占めたら
困るよね(笑)



絶対あとからファビピラビル使って副作用でたら、


「日本人の陰謀だ!」

「やはりアイツラ許さない!」


とか言って、反日の批判感情がさらに加熱するわ(笑)

関連情報:韓国話題でケンカ騒動などなど・・・


うん、ということで、
今後、ファビピラビルが、
承認されるかまだ未定ってことで。



韓国もどんな動向を取るか、
気になるところだね。


じゃ、最後に韓国関連の、
話題記事でも掲載しておくか。


まだの人はどぞどぞー。

【動画】タイと韓国が嫌い過ぎてケンカに、プミポン国王を批判されブチ切れ

【ケンカ動画】橋下市長と在特会の桜井誠会長の罵声がスゴい、マスコミにも激怒

岩城滉一は在日で日本人嫌いなのか、日本代表批判によりネットでバッシング


真ん中のヤツは、
ほとんと最近タイムリーな話題ね。



橋下徹市長も、
ほんと初めから喧嘩腰じゃなくて、
もっとスマートな対応があったのになーって思うよ。



まー別記事でグチったからこの話はもういいか(笑)


はい、ということで、
ファビピラビルで世界が救われますように。

副作用もたいしたことありませんようにね!


んじゃこの記事はこれにて終了ー!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>