視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!

※以下、「視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)」のネタバレ感想です。

もし視聴する前に、あまり詳しい内容を知りたくない方がいらっしゃいましたら、お気をつけて・・・!

ちなみに・・・以下の記事で、「視覚探偵・日暮旅人」を無料で視聴する方法についてまとめています。

もう知ってる方も多いと思いますが、まだの方は一度チェックしてみてくださいね。

視覚探偵・日暮旅人1話の無料フル動画を今すぐ視聴!パンドラより安心!

視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!

では、ここから視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)の詳しいネタバレ感想などについて書いていきます!

「視覚探偵・日暮旅人8話」のネタバレ感想

まさに衝撃の展開だった、8話。

今まで影の薄かった陽子先生も出てきて、みんなで同じ目標に向かっていく感じが出ていて良かったです。

『旅人の復讐をやめさせる』という目標に。

でも、旅人はどんなにみんなに止められても復讐をやめることができない。

復讐は生きがい

どんなにみんなからの溢れんばかりの愛情を感じてもダメなんです。

旅人にとって『復讐は生きがいだから』。

でも、旅人の心の中には絶対に変化があったはずだと思います。

視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!

みんなに対する愛情は嘘じゃない、

特に陽子先生に対しては。

リッチーが旅人の両親を殺した犯人

復讐するのはいいけど無事に帰ってきて欲しいと本当に思います。

なにせ相手はあの極悪非道のリッチーですから。

リッチーが旅人の両親を殺した犯人だと知っても、やっぱりか、と思いました。

ただ、雪路照之の差金ではなく勝手にやったのが意外でしたね。

リッチーらしいと言えばリッチーらしいですが。

視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!

そして最終回の9話へ・・・

そうとは知らずに父親をゆすろうとする雪路。

予告では誰かに撃たれてました。

まさか父親の手によって・・・?果たして目指した先に救いはあるのか。最終回、楽しみです。

「視覚探偵・日暮旅人9話(最終回)」のネタバレ感想

幼稚園のとき何者かによって誘拐され視覚以外の感覚を失ってしまった日暮旅人が、自分の両親を殺した犯人を捜していました。

探し物専門の探偵をしながら旅人はひとりで、着実に証拠を集めていました。

旅人は、拳銃を持ち出し1人で事務所へ!

少し壊れかけた雪路との関係も元にもどり、みんなにも密かに進めていた真実を明かし団結して戦おうとしていた矢先に誘拐された陽子先生は、ロストを吸って旅人の苦悩を体感します。

視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!

そして両親を殺した犯人が分かってしまい旅人は、ひとりで殺すため拳銃を持ち出し事務所を出ていきます。とここまでが、前回までのあらすじでした。

犯人のリッチーと対面!

思いっきりネタバレしますが、最終回で旅人は願っていた犯人のリッチーと対面します。

ロストを嗅がせ自分の味わった苦悩を体感させます。

鬼気迫る迫力でリッチーに向かっていきますが、陽子や灯衣ちゃんそして雪路の歌声に反応します。

最悪の終わり方になるかと・・・

陽子や灯衣ちゃんそして雪路の歌声のおかげで、復讐心しかなかった旅人に変化をもたらせます。

視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!

ここのシーンは見続けていて最悪の終わり方しか想像できなかったので、よかったです。

このドラマを見ていて、人は誰かのために自分を犠牲にできるか…ということが考えさせられました。

幼稚園に通う灯衣ちゃんまで色んな人を思って行動しますからね。

ちょっと盛り上がりにかけたかも?

欲を言うなら最後が物足りなかったということ。

少しですよ、登場人物のその後が気になってしまって…でも考えようによっては、続きがあるかもって考えればいいのかな。

原作でも話はまだ残っているから、不可能ではないはず。続き、待ってます。

以上・・・「視覚探偵・日暮旅人8話と9話(最終話)のネタバレ感想まとめ!」でした!

ちなみに作品をまだ観ていない方は、こちらの別記事からどうぞ。

視覚探偵・日暮旅人1話の無料フル動画を今すぐ視聴!パンドラより安心!

ではでは~!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>