KREVAが実写ドラマ「金田一少年」のキャストとして演技してるだと!

どうも、ジョーダンです。


ついにラッパーのKREVAが、
ドラマデビューを果たしただと!



一生懸命、演技してるだと!


萌えー!(古い)


WS000083


私、ジョーダンね、
この別記事でも取り上げたように、
KREVAの活動にも注目してんの。


日本語ラップ初心者にオススメの曲5選!まずyoutubeでディグりまくれ!


しかも実写ドラマ「金田一少年」かー。


うわージャニーズと共演かー。


時間帯的にもいい感じだし、
なんていうか

ドラマ界、ラッパー進出!

って感じで嬉しくなるね。



いつかドラマ内でラップを披露する日はくるのかな?

期待しよう(笑)


KREVAの演技力ってどーだった?


ということで、実写ドラマ「金田一少年」の
えーと5話と6話にキャスト出演するんだっけ?



その5話が放送した今日。


もちろんジョーダンもチラ見しましたぜ。

ちょっとこっちの都合の関係で、
5分程度のチラ見だけどね!


なんか金田一少年に奪われた銃を向けられてて、
回想シーンに入ったところだったね。



銃を向けられて慌てるKREVA。

回想シーンに入る意味深なKREVA。

回想シーンで大学生(?)を演じるKREVA。




・・・萌えー!(2回目)

ジョーダンがKREVAに魅力を感じる理由


なんかメッチャKREVA大好きみたいな感じの内容になってるね。


まぁいいや、多分ここから、

「コイツめっちゃKREVA好きやん。」

みたいな感じにさらに入ってくかも知れない(笑)


一応、一言付け加えておくと、
KREVAだけ大好きというより日本語ラップが好きだからね。


そりゃちょっと熱入っちゃうよねー!


で、ジョーダンがKREVAに感じる魅力っていうのは、

ラッパーの枠を軽く飛び越えちゃってる

っていうところがポイントになるかな。



今回のドラマ出演もそうだけど、
前々からミュージカルのプロデュースしてたり、
演技の方面にも意欲的だったんだよね。



あと日本語ラップとPOPの間を上手いこと突いてる点。

スキマ産業的というか、
自分で作っちゃった系


なスタンスが尊敬の域だ。


※追記!KREVAを好きになっちゃう?


ちょっとゴメンよー!

記事の途中だけど追記で書き加えさせてもらうよ。

というのも、この記事が思ったより盛況だから、
新たにKREVA関連の新しい記事書いちゃったのだ!


うん、だから興味がある人はこっちもどぞ。

金田一の悪役KREVA(クレバ)が好きになるオススメの曲をご紹介!

よし、ではでは以降はこの記事の本文が続くよー!

失礼!

そういえばANARCHYやMC漢も映画デビューするわ!


そういえば、今思い出したけどさー。


「TOKYO TRIBE」っていう、
マンガを実写した映画にラッパー達が出演するよねー!




この「TOKYO TRIBE」、
原作のマンガはすでにジョーダン読んだことあるよ。


といっても、もう内容忘れるほど前の話だが。


ANARCHYは少し前に、
AVEXとメジャー契約したことで、
日本のヒップホップ業界で話題になったのだ。



今回のKREVAと言い、ANARCHYの路線といい
なんか日本語ラップのあり方にも変化がきてるかな?


俳優KREVAの今後はどうなる?


俳優デビューしたKREVAだけど、
今後もドラマのオファーとかあったら受けるのかな?



なんかホント挑戦的な姿勢でいいよね!

ジョーダンも見習わないと、と思ってしまう。


ジョーダン、最近暑くてダラダラな生活を送ってるからさ、

もう盆栽でも始めて

隠居生活まっしぐら!


って感じになりかねないからなー。


まだまだ盆栽を嗜むには、
かなーり年齢的にも早いよ。


うん、どーでもいい話だね。


気がついたら、金田一少年とか
KREVAの演技がどうのこうのとかいう話から遠のいてたわ。


日本語ラップの世界から、
誰がドラマや映画デビューを予想しただろう?




ジョーダンもそのくらい予想のつかない動きをしたいね。
そのためにはまず足場を固めないとねー。



ということで来週の実写ドラマ「金田一少年」での、
KREVAの演技を要チェックだ。



5話ちゃんと録画しとけばよかった(笑)


なんて後悔を残しつつこれにて終了!

TBSオンデマンド

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>