黒い十人の女9話を無料視聴!パンドラより安全な動画をフル配信!

どうも、ジョーダンです。

黒い十人の女9話を見逃してしまった!?

せっかく毎週の楽しみにしていたドラマを途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送を見ることができます。

WS000039

もちろん基本的に今から視聴OKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えする動画配信サービスなら100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外のサイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しいやつ


などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特にサイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金


ということで今回の記事では、黒い十人の女9話を安心安全、かつ簡単に視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

���£�¯�¿�½���´���£�¯�¿�½���¸���£�¯�¿�½���© U-NEXT

DVDレンタルせずに黒い十人の女9話の動画を今スグ視聴!


もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配


そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな視聴サービスを見つけたからです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT
「U-NEXT」はいくつかある動画配信サービスのひとつなのですが、黒い十人の女9話を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中であれば、無料で楽しむことができます。

WS000042

もちろんサービス内には、黒い十人の女9話のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的かもしれません。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードでも怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から楽しんじゃってください。

黒い十人の女9話の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

黒い十人の女9話のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

風(船越英一郎)の妻・睦(若村麻由美)と9人の愛人たちが計画したのは、“風松吉の殺害”。

12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠ずつ風に飲ませようとする10人の女たち。

風を殺すことはできるのか…1人の男に人生を狂わされた女たちの復讐劇が今、幕を開ける!そして、ラストに待ち受ける驚きの展開とはー!?

出典:黒い十人の女:公式サイト

黒い十人の女のネタバレ感想レビュー


今年は不倫のスキャンダルが多く、世間を騒がせましたが、このドラマはまさに不倫のドラマです。

既婚の番組プロデューサーが9人の愛人がいて、奥さんも入れ10股し、それを知りながらも別れられず振り回される女性たちのお話です。

愛人同士が皆、身近にいる人たちで、お茶やご飯を一緒にするところは現実では考えられませんが、テンポ良くて面白いドラマです。

お互い愛人だと知って、お茶や食べ物をかけあったり、発狂して殴り合いの喧嘩をするシーンは観ていて笑えます。

船越英一郎演じる番組プロデューサーのどこに魅力があるのかさっぱり分かりませんが、愛人それぞれの心や考えが腹黒く、こういう人が不倫をするのかと思ってしまいますが、ドラマだと思って割り切って観ています。

このドラマを観ていると不倫はなかなか抜け出せず、身も心もボロボロになり人生を無駄にしてしまうのだと、思い知らされます。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


バカリズム脚本ということで、絶対おもしろいと思って見始めました。

予想通りおもしろいです。何といっても、愛人9人という設定が有り得ない。不倫ドラマってみんな好きです。

そして、どんなもてる男かと思ったけど、たいしたことがない男、風松吉。今回の話は、奥さんと愛人9人で10人のティーパーティー。見事に全員揃って、どんなことが起こるんだろうかとワクワクしました。

普通ならば、ドロドロな不倫ドラマになりそうだけど、面白おかしく描かれています。

セリフもバカリズムっぽいなと思います。そして、ゆきのかよが殺す計画を立てたけれど、10人もいれば意見が分かれます。

きれいな女優さんたちが、けなし合いの言葉を使うのが何とも言えません。

やはり、演技うまいなーと思ってしまいます。

そして、風松吉の悪気がない別れ話。イライラするどころか、何か納得できてしまうこともあるけれど、あとで思うと腹が立ってきます。

松吉は、本当に殺されてしまったらいいのにと思ってしまいます。

2・他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


黒い十人の女は不倫を題材にしたドラマなのですが、妻1人に9人の不倫相手の10人の女との関係を持つ男の話なのでリアリティはがなく笑って見れるのがいいです。

最近よくワイドショーで目にするドロドロした不倫のような感じではなく疲れません。

男は身近なところで不倫を繰り広げており、女性同士も知り合いばかりだったりするのです。女性同士は気づいていないのですが、視聴者は先が読めたりしてドキドキワクワクして観れます。

女たちの行動と心の声のナレーションが見ていてとても笑えて来ます。

不倫相手同士の喧嘩や小賢しいやりとり、でも実は奥さんが1番ゲスかったりして予想を上回る面白さです。

不倫はしたことはないですが、女性たちの気持ちが手に取るようにわかるのも不思議なところだと思います。

結局、妻1人と不倫相手10人が協力して男を殺めようとするのですが先がとても気になっています。

3・他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


「60年代のサスペンス映画をバカリズムさんがコメディとしてリメイクしたドラマ」

これだけでもう、見る前から楽しみにしていました。

そして1話視聴してすぐにハマりました。女の嫌なところを面白く描いていて、ドロドロなはずなのにスッキリします。毎回爆笑しています。

特に、水野美紀さんの痛いキャラが最高です。女優さんたちの振り切った演技合戦も見どころだと思います。

バカリズムさんの脚本はとてもテンポがよく、不倫のドラマだけど思いっきり不倫を風刺していてある意味考えさせられる人もいるのではないでしょうか。

失礼ですが、「船越さんがなぜ9人も愛人をつくれるのか?そこも笑いのポイントかな」と最初思っていたけど、話数が増えるごとに口の上手さに感心してしまいます。

案外女が好きになるのはこういう人なんですよね。最終回が近づくにつれて寂しくもありますが、どうオチがつくのか楽しみです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

4・他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


不倫というと、世間からは絶対悪というイメージで見られがちだが、「黒い十人の女」では、不倫に陥った女性たちの苦悩や葛藤が生々しく、かつコメディ調のタッチで描かれていて、今までの不倫ドラマを覆すようなドラマである。

前話まで10股されている女性たちが互いにライバル視し合い激戦を繰り広げていたが、第7・8話では、争いを収束させ何故か結託していく女たちの姿が描かれていて、先の見えない展開に胸がドキドキした。

また、今までは負の感情を愛人同士でぶつけ合っていたが、徐々に元凶である風松吉に矛先が向き始めたのも見逃せない。

いずれにせよ、通常の不倫ドラマとは違い、不倫が正義か悪かではなく、不倫に陥った男と(主に)女をコミカルに描いたドラマであり、どのような展開になるのかは全く予想がつかない。次回以降も見逃せないドラマである。

5・他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


十人同じ場所に勢揃いした8話は、本当に面白かったです。

そして、気づいたことは登場人物の誰一人として嫌いでないと言うことです。

十人の女優さんの中には、今まであまり好きではない方やあまり良く知らない方も居るのですが、このドラマに限っては全員好きです。

7話までの、水野さんのみんなと仲良くしたいが故の痛く寒い行動は8話のこの集合への伏線であったのかと思いつつ、それを考えても痛かったなぁと思わせる水野さんの演技が良いです。

愛人同士が突っ込みあい罵りあうシーンは毎回面白く、前回同様激しい突っ込みぶりのMEGUMIさん凄かったです。

不思議なのが、かなり汚い言葉で毎回誰かが罵りあいますが、嫌な気持ちにならず観ていられることです。それだけ引き込まれて観ているってことなのかと感じています。

愛人達の罵りあいを横目で見ながら、しらっと突っ込みを入れる若村さんは貫禄があって奥さん役が似合っていました。

十人が共犯になり、一人一人の犯行は犯罪にならないという、罪の意識を薄れさせ男を殺害しようとする計画は成る程ねと変に納得してしまい、実際にはそんな都合の良い薬は無いでしょうが面白い発想だと思いました。

十人の意志が揃わないと実行しないところなど、仲良しを全面に出し気の強い十人を纏めあげた水野さんは策士です。

十人の女の前で、不倫止めます宣言をして、奥さんである若村さんにこれからも宜しくと言う船越さんは自由人すぎます。

でも、その自由人ぶりのお陰で十人が再び団結して盛り上がったので結果オーライでした。

このドラマで、若村さんやトリンドルさんや成海さんのイメージが凄く変わり、こういう役も似合うのだなぁと思い、水野さんに至っては自衛隊の男勝りの役の時も好きでしたがこんな滅茶苦茶な感じの役も良いと思います。

次週はいよいよ計画を実行に移すみたいですが、サスペンスではなくコメディ色が強いので、どういう展開に持っていき終着させていくのかが楽しみです。

他にも、こんなドラマを多くの人が見ています!


ちなみに黒い十人の女のほかにも、「U-NEXT」なら、こんな映画やドラマもオススメですよ。

● 「黒子のバスケ ウインターカップ総集編」

→ スラムダンクとは違った魅力のある青春バスケマンガが原作のアニメです!

● 「東京ゴッドファーザーズ」

→ 世界的な評価を得た日本アニメ!46歳で亡くなってしまった伝説の映像作家である今敏監督作!

● 「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

→ リビアのアメリカ領事館が襲われた!テロリストとの迫力のある戦闘!

● 「デビアスなメイドたち シーズン1」

→ 予想の斜め上をいく美女メイド達のはちゃめちゃドラマ!

● 「チェーン・リアクション」

→ キアヌ・リーヴス主演!謎に満ちたサスペンスアクションに目が離せない!

● 「デッドプール」

→ 正義のヒーロでも何でも無い!ヒールが大暴れします!

● 「レヴェナント: 蘇えりし者」

→ 実在したヒュー・グラスの物語を映画化!壮絶サヴァイブ復讐劇!

● 「ちはやふる 上の句」

→ 競技かるたに青春を注ぐ女子高生!コミックが激売れ!

● 「Orange(オレンジ)」

→ 純愛ラブストーリー!未来からの手紙で全てが動き出す!

● 「真田丸」

→ 戦国武将の真田幸村の奮闘!NHK大河ドラマです!

● 「AVATAR(アバター)」

→ 惑星パンドラで繰り広げられる近未来アドベンチャー!

● 「家売るオンナ」

→ 北川景子が演じる堅物キャラが大ウケ!デキる不動産屋さん物語!

● 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

→ 女性の下着をかぶったヒーロー!懐かしいあの作品です!

● 「ソラニン」

→ 浅野いにおの人気コミック実写化!メンヘラ女子に人気だとか!?

● 「神さまの言うとおり」

→ 高校のクラスが突然デスゲームの舞台に!?知的な楽しみたいなら!

● 「ヘルタースケルター」

→ 沢尻エリカがバスト丸出しで話題に!整形しまくるアイドルの闇!

● 「おそ松さん」

→ あの六つ子が新しくなって帰ってきた!ティーン中心に再沸騰!

● 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

→ アメコミ人気ヒーローウルヴァリン誕生の秘密!過激アクション!

● 「あなたは私のムコになる」

→ 幸せになるヒントが分かる!?女性に共感を呼びヒット!

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!
ではでは~

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>