レディーガガが韓国に喧嘩売りにいって批判攻撃されないか心配

どうも、ジョーダンです。


いやーレディーガガさん、パネェっす。




こんな文字の入ったソックス(?)はいて
韓国に移動するとか、



喧嘩売りにいくようなモンでしょ(笑)

WS000035


大日本帝国!

誠!



・・・いやーガガさん、あんた漢だよ!


韓国から批判攻撃を喰らわないか心配だ。


ちゃんと盛り上げてくれるな彼女は。
ほんと尊敬する域だよ。


ま、言うほどジョーダン的にはファンって訳じゃないが。


親日レディーガガが韓国からどんな反響をうけるか?



なんか前も海外スターが
親日っぽい投稿をfacebookでしたとかで
韓国から批判うけたよね?



ジャスティン・ビーバーだっけな?


なんか親日っぽい、
「この島は日本の領土だ!」的なことを匂わせたとして、
後々、韓国に対して謝罪メッセージ残した件あったよね?



今回のレディーガガもそうならないか心配だ。


まぁ・・・

寛容な韓国の方々なら、
これを受け入れられるユーモアセンスがあるかも知れないが(笑)


ガガさん・・・このソックスってマジで韓国に晒すの?



それでコレって本当に、
韓国民の目が届く場所でもはいたままなのかな?



それとも日本へのサービス精神というか、

「韓国に到着するまでには着替えるよ?」

ということなのだろうか。


だったらいいけどさー、
このまま韓国入りしたら、
マジで総批判かもしれなくて心配(笑)




というか、手遅れかも知れない。


もし、韓国入り前に着替えるとしても、
もうすでにネットで出回っちゃってるからねー。


いくら国内サイトと言えど、
ネット世界だから韓国民が目にするのは時間の問題よ?



あ、でも韓国ってインターネット規制あったっけ?
いや、それは別の国か?忘れた。


どーせ、韓国はさらに日本を嫌う結果に(笑)



そしてこの件、結局、批判の的は、
レディーガガから日本へと移り変わるに違いないよね。



なんかエサを撒けば、
そこから釣り竿まで喰らおうとする姿勢を感じるからね(笑)



仮にレディーガガと韓国が喧嘩したとして、
それは結局のところ、


韓国 VS 日本


みたいな構図になるに違いない。

一方そのころ、レディーガガは
次の会場でまた一段と盛り上がるのであった、みたいなね。

あー恐ろしや。

※いきなり追記だよー、ガガさん到着したっす!


この記事からまだ24時間も経ってないかな?


無事に韓国に到着したようだ。
そのときのファッション画像はこっちの記事を見てみてねー!


【画像】レディーガガが韓国に到着したが批判などのお咎め無し!


この鼻つまみファッションできるのは彼女だけだ(笑)

以上、追記終わり。


以降はまた本記事が続くよ。

レディーガガの面白ファッション動画でもみるか・・・


まーとりあえず、ジョーダン的にね、
この韓国がどうとか置いといて・・・



レディーガガのさー
この怖いもの知らずなスタンスは尊敬するよ。


この動画みてて思ったけど、
どこで売ってんだよこのメガネ(笑)




いや、やっぱオーダーメイドの、
original oneなヤツなんだろうなー。



ただ正直な話、
ガガさんってすっぴんの素顔自体は、
そこまで美人では無い気がするよ。



あくまでジョーダンの主観だけどさ。


でももう彼女まで来ると、

何が素顔で何がファッションなのか?

もう境界線が謎すぎるよね。



逆に、オフの時の彼女は、
レディーガガと呼べるのか?みたいな。



圧倒的な何か。


ということでガガさんよ。


韓国煽りもほどほどに!

・・・まぁただ、韓国の批判攻撃に屈する人では無いだろうな。


うん、ジョーダンも何かやろっかな?


「I ♡ JAPAN」


とか書いてあるTシャツで韓国に行ったら、
どうなるかな?生きて帰れるかなジョーダン(笑)




誰か試してみて欲しいね。

まぁもちろん自己責任でお願いしたい。



ということで、レディーガガが
また来日ライブの時はちょっと行ってみたいと思ったところで終了!

TBSオンデマンド

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>