新規ドメインでインデックス登録されるけど検索に表示されないってある?

どうも、ジョーダンです。



いきなりですけど、
ちょっと叫んでみることにするよ・・・。



おっせぇぇぇぇぇ!


超遅ええええええーーー!





え?何がって!?



それはね、この新規ドメインで初めた当ブログが
なかなか検索しても表示されないってことだよ!





もうこのジャットコースター並の遅さである。



うん、ほんとインデックスが遅いとさ、
ブログ書いても
なかなか検索から来訪者さんが来ないし・・・。



こっちのやる気にも関わってきちゃうわけよ。


新規ドメインでも「Fetch as Google」なら即インデックス!


私、ジョーダンだってね、
実はこのブログの他にも

他のブログとか運営してたりするんよ。


そのブログは月間PV10万くらいだっけな?

WS000011

まぁ、ぼちぼちでさ、
新規ドメインでブログ始めるのって結構久しぶりなわけ。

まだ数記事しか入れてないけど、
未だに検索してもうまいこと表示されてないんだよね。


新規ドメインだからって、
いくらなんでもここまで遅いっけ?(汗)


もちろん、ウェブマスターツールの
「Fetch as Google」を使ってインデックス登録はしてるよ?



だからとりあえず

「site:○○(自分のURL)」

と検索に入れて調べたら
ちゃんと書いた記事分は登録はされてるんだ。


だけど、記事タイトルで検索とかかけても、
自分の記事が

例え10ページ以降とかですら
表示されてないんだよね(笑)



どーする?泣けばいいのか?

新規ドメインの当ブログがこれから襲われること


で、久しぶりに新規ドメインでブログ始めるからさ、
色々と情報収集してたら・・・

新規ドメインでの継続をふるい落とすような
スクリーニングがバッチシ組まれてるのね(汗)



まず直近の問題としては・・・

・現在のインデックスの遅さ

そして、これから襲うであろう問題は・・・

・エイジングフィルターによる圏外飛ばし


っていうのがあるみたいね、
そーだよ、すっかり忘れてたよ!


まぁ今のインデックスの遅さとか、
検索しても表示されないのは

このまま毎日更新を続けたら
そのうち改善されてくるかたいいと思うの。



でもその後も次なる困難が・・・



で、そのエイジングフィルターって
どんなモンか?っていうとね!



ある時期に差し掛かると、
今まで検索表示されてた記事が


圏外に無条件に飛ばされる


という悲惨なフィルターだ。


まさに初心者泣かせ!



これでブログの継続を挫折する方もいらっしゃるようで。


まぁほんと、のれんに腕押しな感じで、
せっせと記事更新するのはダルいからねー。


その気持ちも分からんでもない。
というか・・・よく分かる(笑)


そう考えると、初心者さんはやっぱ無料ブログから・・・



ね、以上のことを踏まえると、
今までにブログも何もやったことの無い初心者さんは、
まずはハードルの低い


無料ブログを始めてみる

ってことをジョーダンは推奨するよ。


アメブロ、FC2、seesaa・・・みたいなね。
既存のブログサービスをね。



だってそれなら、書いた記事のインデックスも早くて
記事更新の量と比例に近い感じでアクセスが伸びてくるからね。




こういった新規ドメインによる武者修行する前に、
無料ブログでひと通りの要領を掴んだ方がいいと思うんだ。


とか、独自ドメインと無料ブログで、
並行して頑張ってみるのも面白いかもしれないね。



まぁ、どーであれ、
ジョーダンはこの新規ドメインで頑張ってみるよ。



ま、M体質っぽいとこあるしさ(笑)


新規ドメインは最初がエグいけど、
しっかり頑張れば、そのうち報われてくれるからね。




無料ブログとの違いは、
この天井の有無の違いといってもいいかな?




ということで、はやく勝手にインデックスされて、
検索にもバーン!と
上位で表示されるようになってほしいモンですな!


そんな祈りも込めて、この記事はこれにて終了!

TBSオンデマンド

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>