のぞみ助産院の無許可は誤報道らしい、院長の孫「重岡麗」が訴える

どうも、ジョーダンです。

ひえええ・・・大変な事件だ。

神奈川県相模原市ののぞみ助産院の院長が、

無許可で26年間、
営業し続けた

として書類送検になってるみたいだね。

しかも発端が妊婦トラブルって笑えんよ・・・。
WS000083

ただ、今回ネットでもテレビでも、

「とにかくのぞみ助産院が悪い!」

という形で報道してるけど・・・

「実はマスコミは全て誤報道です!」

ということを、
院長の孫「重岡麗」が訴えてるだとか聞いたよ?

どーなの?本当に誤報道なの?
それとも、ただ

のぞみ助産院の身内が庇ってるだけ?

いやー人の命に関わる事件なだけに、
やっぱり許可の有無にはナーバスになっちゃうよね。

もじ私、ジョーダンでも、
例え、のぞみ助産院が営業再開してもさー。

一度、事件により信頼を落としたら、
さすがに行こうとは思えないよね。

それだけに、本当に院長の孫「重岡麗」が訴えるように、
のぞみ助産院の無許可がマスコミの誤報道だったら

・・・悲惨だよ?


のぞみ助産院はそれなりに実績あり

まず無許可かどうか?という話は置いておいて、
実際のところ、

のぞみ助産院は
これまで大丈夫だったの?

ということに触れていこうか。

どうやらのぞみ助産院の口コミを見てみても、
これまでは順調に営業できていたっぽいね。

まぁでも正直、この事件が起きちゃうと・・・。

例え、すでにのぞみ助産院で出産を終えた家庭も、
ちょっと心配でなんか引っかかっちゃうよねー。

うん、でもネットの声を見ていても、
すでにのぞみ助産院で出産を終えた方が、
フォローにまわる立場を取る方も少なくないみたいね。

無許可は誤報道か!院長の孫「重岡麗」が訴える

で、今回の記事の本題に入るけど・・・。

実際、しっかり確認が取れてないので、
本当に本人さんなのか分からないけど・・・

※だから、下記のメッセージは、
話半分で読んで欲しいんだけどさ。

院長の孫「重岡麗」という人物が
こんなメッセージを訴えてるようだね。

「適切な処置をしなかったなんて、マスコミの嘘です。」

「院長は私のおばあちゃんです。」

「26年間、無許可も嘘です。」

「妊婦にトラブルがあり緊急搬送したのは事実です。」

「しかし、その妊婦の家族はのぞみ助産院を訴えていません。」

「これってどういうことか分かりますか?」

「のぞみ助産院に非が無いことは当人達もわかっています。」

「おばあちゃんの腕は確かです。」

「それをマスコミが責任を医院に押し付け煽ります。」

「お金目的としか思えません。」

・・・うん、簡単に要約するとこんな感じ。

つまりこの院長の孫「重岡麗」が言うには、
マスコミが「無許可だ!」と騒ぎ立てて
事件を面白おかしく煽ってるってことみたいねー。

のぞみ助産院が無許可ってそもそもどういうことだ?

ということで、無許可ってそもそもなんだ?
じゃあ何で無許可なのに今日まで営業できたんだ?

制度に穴だらけってことか?

ということについていってみよー!

このあたりを踏まえれば、
きっとマスコミが本当に誤報道か分かるはずだ!

で、調べてみたところ・・・

のぞみ助産院は有限会社

ということで、

医療法人では無いようだ。

つまり、

医療法人で無い = 無許可

という扱いで、マスコミは報道してるってことだね。
で、のぞみ助産院の院長が言うには、

「医療法人の許可が取れなかった。」

「だから有限会社として営業を始めた。」

ってことらしいけど・・・うーん複雑。

とりあえず私、ジョーダン的な意見を言うと・・・

やっぱりのぞみ助産院は、
無許可扱いされても仕方が無い気がするよ。

医療法人として許可が降りなかったってことは、
やっぱり何らかの欠落があったってことだよね?

それをゴリ押しして、有限会社として始めたばっかりに、
不運にも他人を巻き込む事件に発展しちゃった訳だし。

院長的には自分の正義を貫いてきて認めたくないかも知れないが、
実際、こうして事件起きちゃったしさ。

誤報道というには
厳しい気がしてきたよー!

ま、実際のところ軽く調べただけだから、
どれが真実でどれが誤解かちょっと分からんけどね。

だから話半分でお願いね!

ということで、もうこんな
悲しい事件は起きませんように。

ということでこれにて終了!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>