【画像】パペルボンのファンへ股間ジェスチャー、でも性格は良いヤツそう

どうも、ジョーダンです。


パペルボン笑わせやがる!(笑)

メジャーリーグのフィリーズで、
ピッチャーのパペルボンが退場になり・・・



批判を浴びせるファンに、
パペルボンが股間ジェスチャーを披露!


ちなみに、これがその
股間ジェスチャーの画像ね!

WS000052

ガシッ!と股間を掴むパペルボン(笑)

こいつは笑わせやがるぜ・・・!


実際、ファンからブーイング浴びせられたから、
この股間ジェスチャーをお返しした訳だけど・・・



でもパペルボン、
性格は良さそうだよね!



ただこの画像の股間ジェスチャーのせいで、

7試合出場停止

というなかなか重めな処分を喰らってしまった(笑)


どんまい!



実際、パペルボンって実力あるのか?


股間ジェスチャーでファンにお返しする彼。

そんなお茶目な精神を持った男だけど、

実際、ピッチャーとしてどうなの?

と思ってので動画でチェックしたみたよー。


くー!絶妙なコントロール!

同じ日本人として、
松井秀喜がアウトになるのは悔しいが(笑)


やはりピッチャーとしては実力は確かなようだ。

パペルボンが股間ジェスチャーした理由について


ちなみにそんな実力のある彼が、

今回、なんで股間握ったの?

って話だけどさー。


簡単に経緯をまとめると・・・

・勝ってたのにパペルボンが登板し逆転される

・パペルボンを交代させる

・ファンからブーイング批判

・画像のように股間ジェスチャーで返答


というのが股間を握った理由だ。


うん・・・でも股間を握る意味は分からんけどさ(笑)

それが彼の性格なんだろう。

ファンを侮辱したわけじゃないよー


で、この股間ジェスチャーが「けしからん!」ってことで、
重めの処分を受けた訳だけど・・・



「ファンを侮辱する意味は無い。」

「ちょっと茶目っ気を出した。」


ってことをパペルボンは、
後から謝罪と共に弁解してるねー。



つまり股間ジェスチャーは、
彼なりのユーモアであったってことになるかな?



ガッツポーズも似合うぜ(笑)
WS000053

うん・・・こいつ
絶対、性格良さそう(笑)


パペルボンは性格良さそうと思ったら、嫌われ者かも


私、ジョーダンは今回の件で、
初めて彼について調べてみたところ・・・



「なんか悪ガキっぽくて良いヤツそうだなー」


って印象を感じたんだけど・・・。


ただの勘違いみたいだね(笑)


ネットでパペルボンについて検索してたらさ、
メジャーリーグの嫌われ者を格付けした記事があってね?



なんと9位にランクイン!(笑)


という不名誉な結果を見つけてしまったよ。
別に性格が良いわけでは無いんだな。


どちらかというと、
気性が荒いタイプなのかもねー。



まぁ負けず嫌いと言ったほうがいいか!


今回もチームが勝ってるにも関わらず、
気持ちのブレから逆転されちゃった訳だ。



でもまだ年齢的にも若いらしくて、
そのあたりの荒削り感を磨いて・・・



いずれ大物になる予感!


実際、メジャーリーグの中でも、
今後の活躍が期待されている選手っぽいねー。



さすが大胆不敵に、
股間ジャスチャーを披露するだけあるぜ!


大物選手ほど、若い頃は扱いづらいかもね


サッカーでも野球でもそうだと思うんだけど、
大物選手になるヤツほど、性格に一癖あったりするよねー。



「悪童」という異名


が過去にあるスター選手ってチラホラいるよね。


でもそうやって感情むき出しに出来るって、
それだけ高ぶるパワーも強いってことだよねー。



それが若いとつい、今回みたいな、
パペルボンの処分に繋がったりね(笑)



逆に、スポーツ選手って実力も性格も優等生なヤツって、
どのくらいいるんだろうか?



ダルビッシュだって過去に喫煙だとかあったしさ。
田中将大だってももクロ好きだしさ(笑)


まぁ、ももクロは関係ないか・・・。


うん、まぁそんなこんなで、
良くも悪くも注目されるのはやっぱ大物ってことだね!


はい、ということでこれにて終了!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>