映画「ウォッチメン」を宅配レンタル!無料動画も見放題!

映画「ウォッチメン」を諦めないで!&無料動画で見放題・借り放題OK!

「映画「ウォッチメン」はどこで観れるの!?」

「ネットサーフィンしても、近所でDVDを探しても見当たらない~~~!」

無料フル動画ですべて見放題・借り放題OK

ほんと観たくてウズウズしているときに限って、なかなか視聴できないことありますよね。

YouTube動画にもUPされてないし、パンドラやデイリーモーション、AniTubeなどの違法の無料動画サイトにも見当たらない…。

動画配信サービスの「U-NEXT」、「Hulu」、「FOD」、「TVer」などを検索しても引っかからない…。

(そもそもパンドラなどの違法の無料動画サイトは論外ですが…さすがに罪を犯すリスクを背負ってまで観ようとは思いません(笑))

そんな八方塞がりなときでも、「映画「ウォッチメン」」を視聴することを諦めなくても大丈夫です!

「映画「ウォッチメン」」が見つかる最後の砦です。

映画マニアが泣いて喜ぶサービスを発見しました。

(もちろん、そこまで映画マニアでない方でもコスパ最強の部類です!)

結論:「映画「ウォッチメン」」は「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で視聴しよう!

はい、ということで…。

「映画「ウォッチメン」」を、”なるべく手っ取り早く&無料・格安、かつ違法性もなく120%安全”に観ようとおもったら、「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」ですんなり解決します。

あとで詳しく触れますが、初月0円・無料です。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

それ以外に視聴法はないのか?

もう数時間をかけてアレコレ徹底調査しましたが、やはり「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」…ツタヤディスカスに頼るのが賢明ですね。

至れり尽くせり感がすごいです。

利点1・ネットでサクッと頼めばDVDやCDが宅配レンタルできる

「映画「ウォッチメン」」も家でポチポチするだけでサクっと観れるということです。

ディスカスDVDやCDが宅配レンタル

新作でも楽勝ですし…

すべて無料でフル視聴

上記の3つだって無料でOKです。(なにげに延滞料金が無料ってすごくないですか)

利点2・TSUTAYA全ての無料動画が見放題だと…

しかもしかも!(うざい)

ただ「映画「ウォッチメン」」のDVDが宅配レンタルできるだけでなく、ほかのTSUTAYA全ての無料動画も見放題です…

TSUTAYA全ての無料動画をフル視聴

ちなみに「その他?」というジャンルは、要はアレです。いや~ん系です(笑)

DVD宅配レンタルで借り放題だし、スマホで動画も見放題だし…一人暮らしの方とか特に向いてるかもしれませんね!


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

あ、あと初月無料です。ってことは・・・?

以上、「映画「ウォッチメン」」は「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」をつかって観ると、損しないどころか優越すら感じられちゃうよ~という紹介でした。

いや、ほんと便利な世の中になったもんですよね…

で、このサービス初月無料です。

ってことは・・・?

べつに「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」のまわし者ではないので言っちゃいますが(笑)

もし無料のお試し期間中に「映画「ウォッチメン」」を宅配レンタルするなり、それか無料動画として視聴するなりして、そのあとに解約をしてしまうと実質・・・

無料のディスカスお試し期間中ならタダ視聴

そういうことです。

ちなみにこれ、最初に私が使おうと思ってた作戦なんですよ。

でも予定が狂いましたね(笑)

実際に使ってみると、やっぱり便利なのでその後も継続してお世話になっています。

さっすがよくできてますわ…

では以上、「映画「ウォッチメン」」を視聴するオススメな方法でした!

最後に、「映画「ウォッチメン」」の感想に触れて終わりますね!

注意!「映画「ウォッチメン」」のネタバレ感想です

(前情報なく映画「ウォッチメン」を楽しみたい方は、このさきは読まないでください)

では、つらつらと…

この作品を観たのは、原作の大ファンだったからです。

原作は、グラフィックノベルの大傑作です。

「だれが見張りを見張るのか?」といった哲学的なテーマもあり、衝撃を受けました。

米ソ冷戦時代、核戦争が迫った、狂った時代を反映するように、絵は暗いです。

ノワール風で、バイオレンス、ブラックユーモア、狂った主人公たちは印象的でした。

アクションヒーローもので、規模が大きく、重厚なストーリー。

映画化は不可能と言われていました。

CGを多用したアクション映画で有名な、ザックスナイダーは、やってくれたなと思いました。

忠実ではないにしろ、頑張って一つの映画として、まとめ上げました。

まず、配役がいいです。

それぞれのキャラクターにあった俳優です。

原作「フィルムノワール」のような雰囲気も守ってあり、全体的に暗い。

原作は、ディストピア小説「1984年」に影響を受けています。

映画も負けず劣らず、ディストピア全開な雰囲気です。

核戦争による世界崩壊直前の狂った世界、狂った人がいる世界、絶望しかないディストピア的世界。

それが印象的なシーンは、ヒロインが実の父親を悟るシーンです。

かつて母親に暴行を働いた男が、実の父親だと知って、絶望するヒロイン。

それを見て、地球と人類を捨てた神と言ってもいいマンハッタンが、ヒロインを慰めます。

そして、君という存在が奇跡なんだということを伝えます。

小の虫を殺して、大の虫を助けたオジマンディアス。

その悲劇的とも言える解決策に賛同するしかない、他のヒーローたち。

それを許せないロールシャッハ。

正義の為に行った、ヒーローたちの戦い。

狂った世界では、人々の行動や信念も、なにが正解かわからない。

そう感じさせる映画でした。

以上、「映画「ウォッチメン」」のネタバレ感想でした。

あとは「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で楽しみくださいね~

初月は無料、0円でニンマリできますよ。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

(あなたも気に入ったら、ぜひお知り合いにおしえてあげてくださいね)

(そのときに当記事もシェアして頂けたら泣いて喜びます(笑))

最後までありがとございました!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>