行動すれば次の現実!成功曲線を描こう(石原明)を読んで思いついたこと

どうも、ジョーダンです。

いやー最近ね、
ちょっと2個同時に問題勃発しちゃってさー

病み期(女子高生っぽく)

に入ってたんだよね。

しかもなんて言うのかな?

もう失ったものは返ってこない・・・みたいな。

取り返しのつかないことが
同時に2個も起きちゃったのである。

さすがに紳士気取ってても凹むよねー!

ってことで、この石原明さんが書いた

「成功曲線を描こう」

っていう自己啓発本は、そんな時期に読んで
かなーり復活できたんで助かったよ。

おかげで以前より元気モリモリ!

WS000008

あ、ちなみに上記の写真は、
旧作版で、今はリニューアル版が出てるみたいだ。


成功曲線を描こう!

でさーこの本のタイトルにもある通り。

成功を目指すにあたって、
その道のりを成長過程に表すと比例せずに
曲線を描くような成果のプロセスを辿ることになるらしいんだ。

この曲線イメージは確か、ジョーダンは他の本でも見かけたことがあるね。
なんだろう?人間の上達について語られた何かだったっけな(笑)

で、成功していく人はみな、どこかのタイミングで

「なーんだ、成功するには曲線なんだ!」
「今踏ん張れば、後は面白いように結果がついてくるぜ!」

ということをどこかで気付いてるんだとか。

も、もちろんジョーダンだって・・・

気づいてたんだからね!!!(笑)

行動すれば次の現実・・・だから突っ走れ!

・・・といってもだよ?

いくら成功する過程は曲線になる、と言っても

「おっけい!じゃあ今粘って粘って泥臭くいくぜい!」
「成果ついてこなくても諦めないぜい!」

って感じでさー

やり遂げられる人ってどれだけいる?

って話だよ。

だって最初の変化なんて微々たるモンでしょ?

そりゃキツイって(笑)

・・・ってジョーダンみたいに感じる人もいると思うんだ。

でも大丈夫。

ちゃんとこの石原明さんの書いた「成功曲線を描こう」にはね?

その成功曲線をトレースして、
なかなか陽の目の見えない日々の

モチベーション維持の方法
目標達成するまでの頑張り方

までご丁寧に書いてあるのだ!

だから、例えこの成功曲線を知っていたとしても、

その成功曲線の辿り方までキッチリ押さえて実行していくには、
本を熟読しないといけないんだよね。

ジョーダン思ったよ?

「あ、最初にすべき一歩は・・・」

この本を何度も読んで
定着させることだなーってね!

うん、そしたらさ、
また新しい景色が見えてくると思うんだ。

この本にはそれだけの価値があると感じたよ。

成功曲線を描こう(石原明)を読んで思いついたこと

でね、記事タイトルにも書いたけど、
この本を読んで
ジョーダンが思いついたことをひとつ紹介したいと思う。

上記にも書いた

モチベーション維持の方法とか、
成果の見えない最初の段階で継続するには?

ということに通ずるんだけどね。

ジョーダンは最近「物欲リスト」を作ったよ!

なんてセンスの無いネーミングだ(笑)
まぁ、でもストレートでいいでしょ!?

まぁ、書くことはすごくシンプル。

ただ口座残高にいくら溜まったら・・・

「この時、これを買う!」

っていうのを予定としてリスト化してくだけ!

例えば、

「今の残高より3万円増えたら焼き肉に行く!」とか
「残高○○万円達成したら旅行だ!」とかね。

ね、簡単でしょ?

でも細かく続けることで、
色々と気が付くこともたーくさんあるのだ。

だからとりあえずやってみるがよろしい(笑)

「え?なんでこんなことするの?」って思った????

だろーね(笑)

「物欲リスト」の効果

ま、これも「成功曲線を描こう」を読んだら分かることだけどさ!

この物欲リストに取り組む目的は、

・右脳の活性化
・「やりたい」という動機付け
・報酬によるモチベーション維持

この主に3点の効果が期待できるんだ。

なるほどねー!って思ってくれた?

え?

まだ納得いかない?

ふむ、まぁそうかもね。

だったらやっぱりこの石原明さんの書いた
「成功曲線を描こう」を反復して読むのがベストだよ。

⇒ 成功曲線を描こう [ 石原明(経営コンサルタント) ]

ジョーダンはそう思うねー。

い、いや説明するのが面倒!とかじゃないから!(笑)

きっと読んだほうが、
グググ~っとエネルギーが湧いてくると思うよ。

ということで、逃げるようにこれにて終了ー!(笑)

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>