「simplicity」のスマホ対応レスポンシブが使えなかった件【解決】

どうも、ジョーダンです。


このブログなんだけどね、

無料のデザインテンプレート「simplicity」

を使わせてもらってんだよね。
WS000009


ちなみにこちらが公式サイトね!


ちょっとネットの専門的な話になるけど、
SEOに強かったり、今まで使ってたプラグインが不要になったりと、
無料では考えられないクオリティをご提供頂いてるわけよ。



もうね、ここまできたかと。

ありがとうしか無いわ!っていう感じです。


・・・とまぁ、とりあえず「simple」繋がりで、
昔、よく聞いてたステイシー・オリコの
「So Simple」って曲の動画を掲載しておくよ(笑)



で、このワードプレステンプレート「simplicity」を採用して


ヒャッハー!


って感じだったんだけど、
ちょっと問題が発生した訳だ。


・・・やれやれ、ジョーダンは主人公体質だからさ、
なかなか一筋縄ではいかないんだな、コレが!(笑)


とまぁ、さぶい前置きはすっ飛ばして
どんな問題が起きたか?っていうとね・・・




レスポンシブでスマホ対応のはずが、
自前のiphone5で当ブログを見ても
スマホ対応サイトに切り替わってない




というアイタタタな問題点が浮上したのだ!



わかりやすく簡単にいうと、
PC専用デザイン・サイズのままのやつが
スマホに表示されちゃってた、ってこと。




そうなると、もースマホでも字が小さくて
いちいちズームしないといけなくて

見づらい見づらい。


ブログ書いてるジョーダン的にも、
やっぱ今の御時世スマホユーザーが多いからさ。


せっかく書いても
ちゃんと読んでくれなきゃ泣きたくなる訳ですわ。


だからスマホ対応に切り替わることって、
もはや必須とも言える感じなのだ。


で、せっかくだからね!


今回はその「simplicity」の
スマホ対応レスポンシブが使えなかった件を
どうやって解決したのか?ということをご紹介しちゃうよ!


解決方法:プラグイン「quick cache」を停止させた



で、もういきなり回答するとこの一言に尽きる。


ワードプレスの表示を高速化させる為に、
プラグイン「quick cache」を有効化してたのだ。



ただね、色々と調べた結果だけど・・・
「simplicity」のスマホ対応レスポンシブが使えなかったのは、

こいつが邪魔してたっぽいんだよね。


ジョーダンは難しいことは分からないからさ、
なんでコイツそんなイタズラしてんの?ってことは謎だわ。


その辺はキャッシュ関係やらphpがどーのこーの、
詳しい人に聞いてくれ!って感じ。



ま、とりあえずこのプラグインを停止させましたと。



そしたら・・・!


あらま、ちゃんとレスポンシブが機能して、
スマホ表示させたらちゃんと切り替わってるうううー!




即解決!



ということになりましたぜ!
いやー、一安心です。


「このまま治らんかったら・・・」

「他のスマホ対応できるプラグイン使っちゃおっかな・・・。」

「ごめんな「simplicity」・・・。」



とかちょっと頭によぎってたけど、
なんとか浮気せずに解決することができたわけ(笑)


誰かの役に立ったらいいなー!



ということで、以上が

「simplicity」のスマホ対応レスポンシブが使えなかった件

これの解決方法でしたっと!


まぁ、ジョーダンでも狼狽えるくらいだからねー(笑)

他に困った方もいらっしゃるかと、
だからそんな方にお役に立てれば!と思って記事にしてみたのだ。



もちろん、これでお悩みの方が全員解決するかは難しいけど
少なくともこの解決策で上手くいく人も、
少なからずいらっしゃるのでは!?



やっぱ浮気は良くないからね!


一時の気の迷いでも、
後々、大変なことになるかも知れないしさ。




ということで、謎の結論「浮気は良くない」ってことで終了!

TBSオンデマンド

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメント

  1. […] 「simplicity」のスマホ対応レスポンシブが使えなかった件【解決】 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>