ソフトバンク孫正義がドリームワークスの買収成功したらスマホでアニメが見れる?

どうも、ジョーダンです。

さ、さすが孫さん!
男前やでー!

なんとソフトバンクは、アニメで有名な
ドリームワークスを買収したいらしいねー。

ソフトバンク孫正義がドリームワークスの買収成功したらスマホでアニメが見れる?

ドリームワークスって言ったら・・・

シュレックとか、マダガスカル、
スティーヴン・スピルバーグとかのところだよ?

やっぱソフトバンク孫正義の考えることは、
めちゃくちゃデカくて凄すぎるよねー!

動画はもはや流行が過ぎ去った、
アイスバケットチェレンジのヤツね。

過去にも色々と記事書いたし、
また暇のときこっちもチェックしてみてちょ。

ロンブー淳のアイスバケットチャレンジの批判への反論は2chへの嫌味か

アイスバケットチャレンジ反対か賛成か?武井壮が拒否、高まる同調圧力

で、話は戻ってさー、
もし孫正義が率いるソフトバンクが、

ドリームワークスの買収に、
成功しちゃったらどーなるよ?

これはとんでもないことになるでー!
スマホがさらにアニメ閲覧やら便利になって、

もはやモバイル端末に、
革命が起きるかも?


ソフトバンクがドリームワークスの買収成功したら・・・

ドリームワークスといえば、
アニメ業界でピクサーと同じくらいでっかい企業だ。

アニメとかCGグラフィックに
強いんだっけ?

実際、シュレックとかマダガスカルも、
CGアニメーションの映画だしさ。

もしそんなドリームワークスが孫正義の手に渡ったら、

モバイル端末と
CGアニメの融合が期待できるねー。

具体的にはアニメ映画が、
「モバイル会員として見れるようになる」
ってのが最初に浮かぶよね?

それって有料なのか無料なのか?
つい、そこが気になってしまうのであった(笑)

ソフトバンク孫正義がドリームワークスを買収する理由とは

で、そもそもなんでソフトバンクの孫正義は、
ドリームワークスを買収したいんだ?

この理由が分かれば、
買収成功後の展開も見えるはず!

うーん、あまり情報が出回ってないからわからないけど、
ちょっと前まで、ドリームワークスは

赤字に転落して
下がり調子だったみたいね。

そこから映画のみならず、
TVアニメへの進出を果たして回復っぽいけど。

それに対して、ソフトバンクはスマホをはじめ絶好調でガンガン。

となると、ソフトバンクの孫正義の狙いは・・・?

ソフトバンク孫正義の狙いはテレビアニメの侵略か

ここまでを踏まえると、
もちろんソフトバンクのモバイル端末に対して、
CGアニメの技術を融合させることは間違いないけれど・・・

孫正義はそれ以外に、
日本のテレビアニメの侵略が狙いかも。

ドリームワークスはアニメ映画が主流だけど、
最近はテレビアニメにも意欲的。

だからその馬に乗っちゃって、
孫正義はアニメ業界を牛耳っちゃおうって作戦かな?

TVアニメの枠を獲得できたら、
その分、ソフトバンク、スマホの宣伝にも繋がるしさ。

うん、まぁ分からんけどねー。
あくまで面白半分に呼んでくれといてよ(笑)

でも、もしドリームワークスの買収が成功したら、
孫正義の大きな夢がみれそうで面白いかも。

どう転んでも、きっと孫さんなら、
みんなを唸らせるようなことをしてくれすはず!

スマホ、球団、アニメ・・・どんどん拡がる孫正義ワールド

ほんとソフトバンクは球団も持ってるし、
今回のドリームワークスの件もあるし、

孫正義の領域が、
ジワジワ拡がっていく!

このままいくと、色んなエンターテイメント事業の、
親会社はソフトバンクの孫正義になるかも(笑)

もう日本はソフトバンク無しに、
生きてはいけない感じになったりしてねー。

そのうち自動車にも
手を出しそうな予感(笑)

今はトヨタや日産、三菱とかが強いけど・・・

そのうち新しい孫正義メーカーが
将来、道路を走りまくってたりしてねー(笑)

それはそれで面白いけど、誰かソフトバンク孫正義の
勢いを止める人はいないのかな?

にしても、ほんと彼はお金持ってるんだなー。
一体、何十兆円あるんだよ!

はいはい、ということで、
まずはスマホアニメの普及に始まり、一体どうなることやら。

といってもまだ買収は成功してないからね。
普通に、破談で失敗するかもしれないしさ。

だって相手はハリウッドだよー?
恐ろしい話だなほんと。

ということで、これにてこの記事は終了ー!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>