映画「そして父になる」の動画をフル視聴!ネタバレ感想あり

どうも、ジョーダンです。

映画「そして父になる」を見逃してしまった!?

せっかく楽しみにしていた作品を途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。全て録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送をフル高画質な動画で見ることができます。

WS000039

もちろん今からフル視聴OKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えするフル動画配信サービスなら全て100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外の無料動画サイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しい動画サイト

などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法の無料動画アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では海外の無料動画サイトで、視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特に「Pandra(パンドラ)」などの海外の無料動画サイトには、サイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金

ということで今回の記事では、映画「そして父になる」を安心安全、かつ簡単にフル視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

DVDレンタルせずに映画「そして父になる」の動画を今すぐフル視聴!

もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配

そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ全て楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな動画視聴サービスを見つけたからです。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

「Amazonビデオ」はいくつかある動画フル配信サービスのひとつなのですが、映画「そして父になる」を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中(1ヶ月)であれば、無料で全て楽しむことができます。

まぁ控えめに言って・・・コスパ最強だと思います。

特に深夜の30分アニメ・ドラマ作品が好きな方であれば、もし課金したとしても月額たった325円なので、余裕で元が出てると思いませんか?

(あまり映画やドラマを観ない方なら、観たいのだけ「レンタル」も選択できますし)

WS000042

もちろん動画サービス内には、映画「そして父になる」のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…(笑)

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに全部集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的だと思って私も使ってます。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも全て動画視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードした海外の無料動画などの怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から全て楽しんじゃってください。

映画「そして父になる」の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば全部を確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

映画「そして父になる」のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

大手建設会社に勤め、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多(福山雅治)。ある日、産院からの電話で、6歳になる息子が取り違えられた他人の子だと判明する。

妻のみどり(尾野真千子)は気づかなかった自分を責め、一方良多は、優しすぎる息子に抱いていた不満の意味を知る。良多は、相手方の家族と戸惑いながらも交流を始めるが、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木ようこ)夫婦の粗野な言動が気に入らない。

過去取り違え事件では100%血のつながりをとるというが、息子に一心な愛情を注いできたみどりと、温かでにぎやかな家族を築いてきた斎木夫婦は、育てた子を手放すことに苦しむ。

早い方がいいという良多の意見で、ついに“交換”が決まるが、そこから、良多の本当の“父”としての葛藤が始まる―。(C)2013「そして父になる」製作委員会

主演: 福山雅治, 尾野真千子, 真木よう子
再生時間: 2 時間, 0 分

出典:https://www.amazon.co.jp

映画「そして父になる」のネタバレ感想レビュー

カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作。

是枝節炸裂で、本当に素晴らしかったです。
子供の取り違えって、恐ろしいことです。

6年間大事に大事に育てて来た子供は他人の子供で、自分と血の繋がった本当の子供は自分達とは正反対な家庭で6年間育てられていましたって。

ものすごくショッキングなことですよね。

とにかくやはり、子供の使い方が上手で、感心しました。

最初の方、幸せなシーンなはずなのに何故か悲しくなってしまって、涙が出ました。

福山雅治の方の家族が3人で川の字になって寝てるシーンとか、両親が子供を挟んで手を繋いでジャンプするシーンとか、本当にただただ幸せなシーンなのに、それが当たり前ではないって事、本人達が気付いてなかったとしてもそれが幸せだという事、ありありと伝わってきて勝手に涙がこぼれてしまいます。

取り違えが発覚して、それでも福山パパは何も変わらず相変わらずです。

尾野真千子は心の中で不安を抱えてて。幸せな時って鈍感で居れるし危機感もないから気付かなかったりします。

が、こうして何か起きた時にこそ、パートナーとの絆の弱さに気付いたり、自分の脆さに気付いたりしますよね。

リリーフランキーの方に子供を預けた帰り道に、息子と電車に乗ってる尾野真千子が「このままどっか行っちゃおうか。」って言うんですが、その演技が本当に素晴らしくて、母の弱さがよく出ててたまらなくて、ここでも涙出ました。

大人は自分達の都合ばっかり考えてて、早くこの生活に慣れたいとかこの家族でやってくんだとか勝手に決めます。

ですが子供はそれに付いていけなくて、もちろん大人も付いていけてないのですが、大人はそれを表に出さないし、どんどん本当の気持ちが隠れていってしまいます。

そこで、子供が本当の気持ちを言います。「帰りたい。」って。

胸が締め付けられるって表現がピッタリな映画でした。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

映画「そして父になる」の関連記事はこちら

あと当ブログで書いた映画「そして父になる」についての記事はこちらです。

ネタバレした感想を全部まとめてたくさん書いてるのもあれば、少ないのもあります。そのときの気分で掲載してます(笑)

子供や家族について、考えさせられる作品といえばこちらです。

映画「コドモのコドモ」を見逃したら無料動画で!視聴はこちら!

他にも、こんな映画・ドラマを多くの人がAmazonビデオで見ています!

ちなみに映画「そして父になる」のほかにも、「Amazonビデオ」なら、こんな映画やドラマも高画質なフル動画で観れるのでオススメですよ。

クドイようですが、もし海外の無料動画サイトを使ってる人がいたら、これを機に卒業したほうが…

● 「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 」

● 「M-1グランプリ」

● 「探偵!ナイトスクープ」

● 「結婚できない男」

● 「素敵な選TAXI」

● 「ローカル線らーめん探訪!」

● 「おもてなしグルメ旅」

● 「ゴッドタン」

● 「雨天中止ナイン」

● 「英国王のスピーチ」

●  「クローズZERO」

● 「東京ゴッドファーザーズ」

● 「ミニオンズ」

● 「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」

● 「サイボーグ009 超銀河伝説」

● 「ミッション:インポッシブル/ ローグネイション」

● 「私の男」

● 「nude」

● 「ビリギャル」

● 「ジュラシック・ワールド」

● 「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」

● 「アイアムアヒーロー」

● 「信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO」

● 「闇金ウシジマくん Part 2」

● 「テラフォーマーズ」

● 「海よりもまだ深く」

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。

繰り返しになりますが、お試し期間中でダダダダダ!と漁ってもいいですし、課金したとしてもコスパ最強の部類です(笑)

ソファーでまったり至福タイムをどうぞ~。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

なにげに「レンタル」で観れるのも嬉しい機能ですよね。

ではでは~

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>