ジャンプの「ハイファイクラスタ」の主人公の才能はSCRTSで「ソクラテス」か

どうも、ジョーダンです。

ジャンプ新連載キター!


その名も才能社会で繰り出すバトル系マンガ、
「Hi-Fi CLUSTER-ハイファイ・クラスタ-六攻特課事件実例」

WS000124

まえに読み切りでジャンプに掲載されたヤツだね。

なんかもう・・・あの時からさ、
完全に連載を意識した作りになってたよねー。


「主人公のHIFI才能は誰なん?」


みたいな感じで、読み切りの時から、
色々と話題になって手応えあったっぽいよ?


外人の彼もハマったみたいだねー(笑)



まぁただ何故か才能の能力は同じ気がするけど、
なぜか主人公のハイファイの名前が変わってたよね?



読み切りの時はさー、
主人公のHIFI才能は誰かって言うと・・・


YSD-SYIN=吉田松陰

ってことで確定してたけど。


でも何故かジャンプ新連載として、
「ハイファイクラスタ」が始まった途端・・・


SCRTS

っていうのが主人公の、
HIFIコードに変わってるんだよね。



どーした急に?

ネタバレしてたから変えたのか?(笑)

って感じでビックリ!でも能力自体は一緒っぽいけど。


とりあえず才能社会って結局、平等じゃないんだな


で、今回のジャンプ新連載「ハイファイクラスタ」だけど、
主人公のHIFI才能「SCRTS」って誰?って話の前にさ・・・



才能社会でも、
結局、平等は無理っぽいよね



うん・・・だってそもそも、
才能を扱う才能も無いといけないし(笑)


しかも一般に普及されてるのは「汎用性の高い才能」であって、
その上にさらに「HIFI才能」が存在する訳で・・・



完全にリアル現代社会と同じやん!


だって結局、二極化やレイヤー(階層)社会と
変わらない構図ができちゃってるっぽいし。


WS000125

うん、とりあえず私、ジョーダンはそんなことを思ったよ。
なんか寂しいよね、平等は無理なんだなーと(笑)


ジャンプでもダメなら無理っぽいよねー。

ハイファイクラスタ」の主人公のHIFI才能「SCRTS」は誰なの?


ということで、今回の記事の本題に入ろうか!

うん、早速ね、色々と調べてみた結果さー。
どうやら主人公の・・・


HIFI才能「SCRTS」=ソクラテス


ってことでほぼほぼ合ってるみたいね。


ちなみにこれがソクラテスの画像ね。
WS000126


ソクラテスはギリシャ語だからさ、
当時の文字で表記すると文字化けみたいな感じのヤツなんだ(笑)



だけど、同じソクラテスという名前の別人の、
ポルトガル語表記でみると・・・


Sócratesと書くみたい


・・・ということは?

HIFI才能「SCRTS」という表記と一致できるよね?


はい、キタ!

主人公の才能はソクラテスでほぼ確定じゃ!

で、そのソクラテスって簡単に言うとどんなヤツ?


私、ジョーダンは紳士だからさ、
ソクラテスの本を読んだことあるんだけど・・・



何やってる人?って聞かれると、
ちょっと答え方が難しいんだよねー(笑)



だって正確にはソクラテスの本を読んだと言っても、
ソクラテスの弟子が書いた本ってことで、
ソクラテス自身は文献を残して無いっぽいんだよね。


・・・うん、まぁそんな小難しい話は置いておこうか。


だからすごく簡単に言うと・・・


ソクラテスは哲学者


ってことになると思うし、
実際、wikipediaにもそう書いてあるよ。

だから、主人公のソクラテスはどんな能力なんだよ


そんなん知らんわ!


と言いたいところだけど(笑)、
ジョーダンが推測するに・・・


ソクラテスは哲学者ゆえに・・・

先見の明だったり、他人が見えないものを見える、
違った角度から物を観察できる、
次元の違う思考力がある・・・みたいな感じかな?



だから今風な言葉で言えば・・・

策士とか軍略家?


うん、そんな感じの才能が、
主人公の能力なんじゃないのー?



実際、ジャンプ初回から、

「なんか相手の隙が見えるぜ!」

みたいな能力だったよね?


だから思いっきりバトル系というよりは、
ちょっと知的でスマートなHIFI才能ってことかも。



一応、上でも書いたけど、
あくまでこれはジョーダンの推測だけどね。



はい!ということで・・・。


「ハイファイクラスタ」はジョーダンの中でも、
これから楽しみなジャンプ新連載だよ!



「イリーガルレア」も終わっちゃったしさ・・・。
イリーガルレアのフクメンの正体はカワサキ説&赤バンパイア説&元市長説


うん、ということでこれにて終了じゃー!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>