黒い十人の女10話(最終回)の動画を無料で視聴!パンドラより安全!

どうも、ジョーダンです。

黒い十人の女10話(最終回)を見逃してしまった!?

せっかく毎週の楽しみにしていたドラマを途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送を見ることができます。

WS000039

もちろん基本的に今から視聴OKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えする動画配信サービスなら100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外のサイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しいやつ


などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特にサイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金


ということで今回の記事では、黒い十人の女10話(最終回)を安心安全、かつ簡単に視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

���£�¯�¿�½���´���£�¯�¿�½���¸���£�¯�¿�½���© U-NEXT

DVDレンタルせずに黒い十人の女10話(最終回)の動画を今スグ視聴!


もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配


そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな視聴サービスを見つけたからです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT
「U-NEXT」はいくつかある動画配信サービスのひとつなのですが、黒い十人の女10話(最終回)を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中であれば、無料で楽しむことができます。

WS000042

もちろんサービス内には、黒い十人の女10話(最終回)のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的かもしれません。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードでも怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から楽しんじゃってください。

黒い十人の女10話(最終回)の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

黒い十人の女10話(最終回)のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

主演・船越英一郎、脚本・バカリズムでお送りする、史上最大の不倫劇!豪華女優陣が本気でぶつかり合う!衝撃の「不倫コメディ」!10股不倫男と十人の女の衝撃ラスト!

出演者
船越英一郎、成海璃子、トリンドル玲奈、佐藤仁美 佐野ひなこ、MEGUMI、平山あや、白羽ゆり、水上剣星、ちすん、新田祐里子 若村麻由美(特別出演) 水野美紀

出典::黒い十人の女:公式サイト

黒い十人の女のネタバレ感想レビュー


テレビプロデューサー風松吉には妻、そして9人の愛人がいるという設定が面白そうで見始めました。

脚本がバカリズムさんということもあり、全体的に軽いタッチでおもしろおかしく描かれていて、設定のわりに軽い気持ちで何も考えず見れるドラマです。

9話では本妻をのぞく9人の愛人たちは別れをつげられ、復讐として風松吉を薬で殺害するために一致団結するシーンにはコメディタッチで描かれていながらもすごみがありました。

復讐当日本妻もあわせて10人の女たちがタイムリミットの12時間以内に薬を飲ませるために、アレやコレや手を使い任務を遂行する姿もコメディタッチで描かれており、思わず笑ってしまいました。

1日の間に別れを告げた不倫相手たちにアレやコレや食べされたり飲まされたりしたら、すこしくらい疑心暗鬼になりそうなものですが、拒否しつつも受け入れる風松吉の態度に、風松吉というキャラクターが現れていて、本妻と9人もの愛人と上手に付き合ってこれた理由がわかった気がしました。

そして愛人たちの思惑にはまり、12時間もの間、致死量に値する量の薬を摂取しつづけていた風松吉は徐々に具合がわるくなり自宅で倒れ、愛人たちは風松吉は亡くなったと知らされますがそんな簡単に終わるような男ではないはず、と思っていました。

あっさりしすぎているなぁと思っていましたがやはり実は生きている?!という終わり方で次回の展開がすごく気になっています。

これから最終回にむけて、どのようにお話が進み、本妻や愛人たちとの関係をどのように収拾つけるのか見逃せないドラマです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

1.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


最近世間を騒がしている、不倫を題材にしたドラマです。脚本を手掛けるのは、芸人のバカリズムさんになります。

芸人さんが脚本を書いているというだけあって、サスペンスドラマなのですが、ついつい笑ってしまう場面も多々あります。

風松吉という一人の既婚男性は、奥さん以外に九人の愛人がいて、最終的には奥さんと九人の愛人が集結し、この風松吉を殺害しようとする物語です。

このドラマの面白いところは、登場する九人の愛人と奥さんの一人一人のキャラクターが濃いところです。

愛人同士のドロドロな揉め事もありますが、一致団結していく過程も見どころです。

多くの女性を愛してしまったがゆえに、その愛した女性に仕返しをされるというとってもかわいそうで愚かな男性の行く末が一話一話見終わるごとに本当に気になります。

一話見終えると、続きを見ずにはいられないドラマになっています。

2.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


私の不倫しているので、最初は興味本位で見てみました。

ドロドロした感じは多少ありますが、普通じゃ考えられな出来事が盛りだくさんで毎週笑わせてもらってます。

不倫と聞いてあまりよく思う人はいないと思いますが、黒い十人の女を見たら、おもしろくて少しは不倫してる人にも元気を与えるような気がしました。

風のなにも考えてない能天気さには、イライラして共感する部分もあります。

ちょっと怖いですが、みんで一致団結して、薬を飲ませて殺す計画もワクワクして楽しかったです。

一人ずつみんなで飲ませている姿もとっても面白かったです。

現実的にはなかなかできませんが、不倫してる立場として、同じ女性としてとても共感できる部分がたくさんあって、これを見て不倫する男性が減ったらいいなとも思いました。

不倫だけに関係なく、ストーリー全てが本当にくだらなくておもしろい。

水野まきさんの演技も最高におもしろい!!

3.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


毎回とにかく笑えて、次の回が待ち遠しくなるようなドラマです。

私は成海璃子さんと水野美紀さん、佐藤仁美さんがドラマをとても面白くしていて大好きです。

特に面白くて笑いが止まらなかったのは、水野美紀さんが演じている、如野佳代が所属している劇団搾り汁の公演です。成海璃子さん演じる神田久未も大好きです。

今までの成海璃子さんのイメージを一変させる役だと思います。心の本音が声になったり、喋り方が男言葉になったり笑えました。また、船越英一郎さんが演じる、風松吉が毎回愛人に挨拶する手の振り方が面白くて笑えます。

実際、愛人9人と付き合うという設定は難しいと思いましたが、コミカルになっているので重たくならず見られましたし、愛人と妻が合体して、風松吉に復讐しようとするところは見どころではないでしょうか。

最終回がどのようになるのか待ち遠しいです。

4.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


今回はいよいよ本妻と愛人9人で風松吉殺害計画を実行に移します。

愛人歴が一番長い舞台女優・如野佳代が用意した薬を、10人それぞれが1つずつ飲ませることで殺害完了するという計画です。

なんとなく見始めたドラマでしたが、こんな展開になるなんてちょっと意外でした。

まず、風の仕事仲間・火山の妻である卯野真衣から順調にスタートし、女優・相葉志乃のマネージャーの長谷川沙英、相葉志乃、ヘアメイクの水川夢、脚本家の皐山夏希と次々に殺害するための薬を飲み物やクッキーに混ぜたりと、あの手この手で飲ませていきます。

夢と夏希のシーンはかなり強引だったので、風に怪しまれんじゃないかと少しひやひやしました。

そして次の番、AP・弥上美羽はなんと2度も失敗…最終的に居眠りしている風の口に直接放り込むという荒技を成功させてしまいます。

佳代から予備の薬をバイク便で送ってもらうというやり取りもあり、美羽らしいコミカルな行動がかなり可笑しかったです。

続いてテレビ局の受付嬢・神田久未とその友人・文坂彩乃、首謀者の佳代が実行します。

佳代の場面ではレストランで食事中、風が佳代の誕生日をサプライズでお祝いし、佳代は思わず泣いてしまいます。

さすがに情に流されて計画をやめてしまうのではと思いましたが、あっさりと実行完了、風の本妻・風睦に計画のエンディングを託します。

睦は帰宅早々、動悸がすると訴える風に動悸に効く薬だからとすんなり薬を飲ませ無事計画は完了します。

そして睦は、風は血を吐いて倒れたと皆に報告を入れますが、風は本当に死んでしまったのか…真相は次回・最終回で明らかになりそうです。

5.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


不倫相手の女性が9人もいて、不倫歴 数年の人もいればまだ数ヵ月の人もいる女性たちが 実は仕事仲間だったり、友人だったり、もめ事もあったけれど、正妻を含めて10人で不倫している男性(船越英一郎) を殺すという話でした。

白い粉の薬を10人で少しずつ飲ませる、一人目が飲ませてから12時間以内に全員飲ませることができれば致死量に達し男性は死に、薬で亡くなったこともバレないというちょっと手の込んだ殺人です。

スムーズに飲ませる事ができる人もいれば、飲み物に入れて飲ませようとしても飲んでくれなかったり、お弁当の唐揚げの上にかけようとして、床に粉を落としてしまって、床から指で拾って 唐揚げにかけたのにお弁当を他の人に食べられてしまって、新しい白い粉をバイク便で届けてもらう おっちょこちょいな人もいて、こんな人いるよね~とクスッと笑ってしまいました。

最後は正妻が薬を飲ませて、男性は床に血を吐いて倒れてるシーンがありましたが、生きてる!! という情報が入って次回最終回へ。

どんな結末になるのか楽しみです。

6.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


このドラマを見ていた時に市川崑監督の作品のリメイクだと知らずに、10人のドロドロした愛憎劇かと思ってみていましたが違いました。

ラストに向けてだんだんとミステリー要素が入ってきて、第9話ではついに船越英一郎が演じる風が愛人10人に薬を一粒づつ飲まされて殺されます。

そんなシリアスな展開なのにも関わらず、バカリズムの脚本という事もあり、やはりコメディです。

殺害する為に愛人たちが色んな手を使って薬を風に飲まそうとする所は面白おかしく描かれていて思わず笑ってしまいました。

ドラマの終盤は今日で最終回かと思わせる様な雰囲気で愛人達がそれぞれ自分らしく生きようとしていくのですが、実は次回が最終回。

風が生きている?という展開で終わります。

風に人生を振り回された10人の女達がどう生きていくのか、風は何故死んでいないのか、最終回までドキドキの展開です。
不倫している方も旦那さんが浮気している方も、色んな方が色々考えさせられて笑ってスッキリできる作品です。

7.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


いよいよ風松吉殺害計画が実行されました。

みなさん、しっかり毒薬を飲ませます。

風松吉は、別れた愛人たちと今までと変わらない態度で接していて、マッサージの施術にいったり、クッキーをもらったり、スムージーをもらったり、お茶をしたり、ディナーをしたり。相手の手を握るのは、気づいて自重しましたが、全然悪びれていない。

こういうタイプがやはりモテるのでしょうかね。

十人がそれぞれ薬を飲ませるなんて、展開的にだれるのでは、と思っていましたが、さすがバカリズム脚本。

飲み物混入ばかりのところを茶化したり、どうしても失敗してしまう美羽さんパートを作ったり、と飽きさせませんでした。佐藤仁美さん、いい役者さんですね。

もう一人、水野美紀さんも、見せてくれます。怪しい舞台の芝居も全力だし、最後の風松吉とのディナーの表情もよかった。

さて、ぎりぎり十二時間以内にミッションコンプリートして、血を吐いて倒れる風松吉。愛人たちは、風さんが死んで平穏な日々を送っていたのに、ある日「風松吉が生きている」と。次回最終回、どんな展開かな。楽しみです。

8.他の人の「黒い十人の女」のネタバレ感想レビュー


十人の女が個々に一人の愛人に十錠飲むと死に繋がる薬を飲ませる今回は、十人もの人が薬を飲ませるのに1話で収まるのかと思いました。

でも、そんな心配は無用だったようで、話はテンポ良く進み、しっかりと十人目の風(船越)さんの奥さんが飲ませてその後まで描かれていました。

バカリズムさんは、話の構成が上手いなぁと思いました。

どの愛人の人も工夫して薬を飲ませるのが面白かったですが、心の声が途中途中入って笑ってしまいました。

女が『アンコール』『アンコール』と掛け声をする合いの手に、心の声でリズム良く【死ね】って言っていて、良くない言葉の合いの手なのに耳心地良かったです。

その中でも根回し手回しが得意な美羽(佐藤さん)が、今回は失敗ばかりして動揺している描写をしたかったのかぐずぐずで頼むから早く飲ませてよーと思いながら観ていました。

そして、首謀者の佳代(水野さん)が薬を飲ませる番になったときに、風さんにサプライズバースディをされて心が動いてしまい止めたと言い出すのかと思いましたが、しっかり実行して安心しました。

言い出しっぺの佳代が止めたらありがちのつまらない展開になりそうだったので、予定通り計画が実行されてniceでした。

十人の女の内の誰かが計画を実行しないで机上の空論になるのかなと思っていましたが、全員が飲ませたので意外でしたが、最後の睦(若村さん)が何か怪しかったような気がしました。

コメディ要素が強いから殺人はないかなと思っていた通り、最後に
『風が生きている』
と言う報告があったので、睦は黒かなと勝手に想像しています。


何だかんだで、本妻は風さんを憎みきれず殺しきれず、助けることにして一芝居打ったのかと思っています。

もしそうだとしたら、次回は、本妻対九人の愛人になるのでかなり激しいやり取りがありそうで期待大です。

殺人と言うワードが出ても、シリアスにならず面白おかしく観られるこのドラマは、次回の風さんの行方と何で生きていて何で生きていたのが解ったのかを知りたいので見逃せないです。

他にも、こんなドラマを多くの人が見ています!


ちなみに黒い十人の女10話(最終回)のほかにも、「U-NEXT」なら、こんな映画やドラマもオススメですよ。

● 「黒子のバスケ ウインターカップ総集編」

→ スラムダンクとは違った魅力のある青春バスケマンガが原作のアニメです!

● 「東京ゴッドファーザーズ」

→ 世界的な評価を得た日本アニメ!46歳で亡くなってしまった伝説の映像作家である今敏監督作!

● 「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

→ リビアのアメリカ領事館が襲われた!テロリストとの迫力のある戦闘!

● 「デビアスなメイドたち シーズン1」

→ 予想の斜め上をいく美女メイド達のはちゃめちゃドラマ!

● 「チェーン・リアクション」

→ キアヌ・リーヴス主演!謎に満ちたサスペンスアクションに目が離せない!

● 「デッドプール」

→ 正義のヒーロでも何でも無い!ヒールが大暴れします!

● 「レヴェナント: 蘇えりし者」

→ 実在したヒュー・グラスの物語を映画化!壮絶サヴァイブ復讐劇!

● 「ちはやふる 上の句」

→ 競技かるたに青春を注ぐ女子高生!コミックが激売れ!

● 「Orange(オレンジ)」

→ 純愛ラブストーリー!未来からの手紙で全てが動き出す!

● 「真田丸」

→ 戦国武将の真田幸村の奮闘!NHK大河ドラマです!

● 「AVATAR(アバター)」

→ 惑星パンドラで繰り広げられる近未来アドベンチャー!

● 「家売るオンナ」

→ 北川景子が演じる堅物キャラが大ウケ!デキる不動産屋さん物語!

● 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

→ 女性の下着をかぶったヒーロー!懐かしいあの作品です!

● 「ソラニン」

→ 浅野いにおの人気コミック実写化!メンヘラ女子に人気だとか!?

● 「神さまの言うとおり」

→ 高校のクラスが突然デスゲームの舞台に!?知的な楽しみたいなら!

● 「ヘルタースケルター」

→ 沢尻エリカがバスト丸出しで話題に!整形しまくるアイドルの闇!

● 「おそ松さん」

→ あの六つ子が新しくなって帰ってきた!ティーン中心に再沸騰!

● 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

→ アメコミ人気ヒーローウルヴァリン誕生の秘密!過激アクション!

● 「あなたは私のムコになる」

→ 幸せになるヒントが分かる!?女性に共感を呼びヒット!

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!
ではでは~

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>