黒い十人の女8話の高画質見逃しフル配信動画!まず無料お試しから!

どうも、ジョーダンです。

黒い十人の女8話を見逃してしまった!?

せっかく毎週の楽しみにしていたドラマを途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。録画してなければ絶望です。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送を見ることができます。

WS000039

もちろん基本的に無料でOKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えする動画配信サービスなら100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外のサイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しいやつ


などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特にサイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金


ということで今回の記事では、黒い十人の女8話を安心安全、かつ簡単に視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

���£�¯�¿�½���´���£�¯�¿�½���¸���£�¯�¿�½���© U-NEXT

DVDレンタルせずに黒い十人の女8話を無料視聴!


もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配


そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな視聴サービスを見つけたからです。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT
「U-NEXT」はいくつかある動画配信サービスのひとつなのですが、黒い十人の女8話を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中であれば、無料で楽しむことができます。

WS000042

もちろんサービス内には、黒い十人の女8話のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的かもしれません。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードでも怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から楽しんじゃってください。

黒い十人の女8話の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

黒い十人の女8話のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

身の回りにいる様々な女性を愛人にしていた風(船越英一郎)。最も古株の愛人である佳代(水野美紀)の呼びかけで、妻と愛人9人…10人の女がついに全員集結した!

そこで、佳代は驚きの提案をする…その驚愕の内容とはー!?そして、10人の女たちのもとに突然現れた風。

妻と愛人たちの前で、風がとんでもない発言を…その発言をきっかけに、10人の女たちがついに動き出す!!10股男・風松吉の運命はー!?

出典:黒い十人の女:公式サイト

黒い十人の女8話のネタバレ感想レビュー


冒頭、主人公の神田久未の親友である文坂彩乃がなんと風の愛人の一人であることが判明し、久未と彩乃が大喧嘩、しかも殴る蹴るの大乱闘というかなり激しいシーンがありちょっとびっくりでした。

今までにも喧嘩のシーンはありましたが、口喧嘩か相手に水や料理をかけるくらいなものでしたので、今回は「そこまでやる!?」といった感じでした。

他にも、相葉志乃・水川夢・志乃のマネージャーVS弥上美羽による陰湿な小競り合いや、風との不倫を旦那にバラされた別の愛人、卯野真衣からの反撃ありと、女の闘いが次々に繰り広げられます。

結局、美羽の愛人を減らす作戦は失敗してしまい、風から別れを告げられてしまうことになるのですが、自分が別れるくらいなら誰とも別れなくていいと泣きつく始末・・・しょうもないなぁー。

ドラマもいよいよ終盤に向かいますが、この先の展開も目が離せません。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


冒頭にオチっぽい情報が出てくるこのドラマ。タイトルからして、悪い10人の女が何かの悪事を働く話かと思いきや、奥さんも含めて10股をかけられた女性たちによるドタバタなお話だそうです。

最近は不倫を題材にしたドラマが数多く作られていますが、黒い十人の女はそんな新たに確立されつつあるジャンルの中でも、少し異彩を放っていました。

なにしろ、脚本を書いているのがお笑い芸人のバカリズムなのです。

彼の手によって作られたドラマは、素敵な選TAXIしかりかもしれない女優たちしかり、どれもコメディな内容となっています。今回の黒い十人の女も合間にNHK Eテレの子供向け番組のようなコーナーが突然出てきたりと、自由な作風になっています。

「この泥棒猫!」みたいなシリアスなシーンは存在せず、それに近いシーンですら、どこか笑いの要素を取り入れているのが、バカリズムワールドっぽくて好きです。

なにより他の不倫シーンと大きく違うのは、不倫相手と一緒にいるシーンの圧倒的な少なさです。

「いけない恋だと分かっていながらも会ってしまう」みたいなストーリー展開があり、時には主役級の俳優さんたちによる濃厚なラブシーンなんかも液晶いっぱいに映し出されるのが不倫ドラマのテンプレート

しかし、黒い十人の女ではラブシーンどころかキスシーンすらなく、半分以上のシーンが女性同士の会話(さらにその1/3程度が罵り合い)などで成り立っています。

そういう意味では、家族で一緒に見ていても、お茶の間が凍りつくようなシーンがないコメディドラマとして、今のところは比較的安心して楽しみながら見ることもできます。

第1話で明らかにされた不倫相手の存在は、主人公の神田久未を含めてまだ片手で数えられる程度。

この後どんどん話が進むことで「え!この人も不倫相手だったの!?」なんて驚くようなキャスティングも行われるかもしれません。

一旦自分の頭のなかでは、登場人物全員を船越英一郎演じる風松吉の不倫相手だと決めつけながら見ているのですが、そうだとすると明らかに10人は超えてしまいます。

一体この中から何人が不倫相手であり、どのようにして冒頭のシーンにつなげていくのかが気になるところです。

2!他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


「脚本バカリズム」で始まる前から話題になっていたドラマです。

個人的にバカリズムさんの懐疑的なところが気に入ったので、絶対見ようと思ってました。

そして第1話をリアルタイムで!ありふれた不倫の話ですが、10股という現実性のないストーリーでコメディーな要素たっぷりの台本でした。

キャスティングも個人的に素晴らしいと思いますね〜ストーリー展開もテンポが良く、飽きることなくスムーズでした。

登場人物のココロの声とかドラマ見ながらそうそう!とつい納得しちゃいますし面白いです。

10人の愛人のバトル話になるのかなと思ってましたが、ちょっと違いましたね〜バトルもあるっちゃありますけど、なんかバトルを重ねるうちにだんだん友達感覚になるのかなーと期待してしまうのです。

女同士の揉め事は…女子ならとにかく興味深いものだし、絶対次の話気になっちゃうものなんです。それをうまく10人の女たちが意気投合して復讐するまでの細かい設定がすごいと思いました!

今回のキャスティングで 1番良かったのは水野美紀さんです!

天然というか、おバカというか、お節介好きというか…もうウザいキャラだけどそこが彼女のチャーミングポイントになってます。いつもカフェでカフェラテをぶっかけられるシーン、大好きです。

やっぱり水野美紀さんは大女優ですね〜違和感が全くないから1話みててこれ絶対毎回見ようと思いました!

あと成海璃子ちゃんもいい感じでした…優柔不断で困った顔がとても可愛いです笑。

テレビ業界のネタも結構出てるのでそれもオススメポイントですー!

10股はたしかに現実性はないですけど、セリフとかが本当、ありえる〜共感出来る〜ってなりますね。

わざとらしいキャラ設定とか私の大好物なので、好きな人はきっとハマります!

TRICKとか勇者ヨシヒコなどお好きな方は是非見てみてください!

このドラマは最終回まで一気に見るのも面白いかもです。もっとテンポ早く進むから飽きないでしょうね〜最近面白いドラマやってないなぁと思ってましたが、これは見てよかったです。オススメします!


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!

U-NEXT

3!他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


今回は、次週十人の女が集結する序章のような感じがした内容で、相変わらず愛人同士仲良くしたい水野美紀さんがカフェオレをかけられていて懲りてないなと思いました。

何故か、愛人に会うときに船越さんの奥さんのように振舞い、相手を怒らす水野さんは学習しない人だけど、人間味があってある意味正直で痛々しいけど好きです。

トリンドルさん、マネージャー、メークの三人の愛人が、水野さんが居なかったら佐藤さんを半殺しにしていたと言っていたので、少し勘違いしていて痛い女だけどけどみんなの中和剤役をしているのも水野さんなんだなと思います。

今回は、前回みたいなバトルは無いのかなと思っていたけど、カフェで飛び蹴りした愛人と佐藤仁美さんが口論バトルを繰り広げ、やっぱりこの面白バトルは毎回あって良いと思いました。

どの愛人役の人も心の声が楽しいですが、今回一番良かったのはMEGUMIさんの心の声です。

愛人数人と船越さんが関わっているドラマの視聴率が悪くてMEGUMIさんに皺寄せがきて、心の中で叫ぶのです。

考えるとそのドラマに愛人が何人もいて、お互い知っていてのらりくらりと付き合っている船越さんて何なんだーと思いますが、のらりくらりが上手で別れられない愛人の面々も何なんだーです。

もう一つ面白かった心の声は、トリンドル玲奈さんと不倫を知っているプロデューサーです。

お互い思い違いをしている心の声だけど、声には出せない二人はお互いに声を出しあったら仲良くなれるのになぁと感じました。

そして、ちょいちょい出てくるバカリズムさんのタヌキが好きです。

痛いところを突いてきたり、毒舌がバカリズムさんらしく良いです。

最初と最後に十人の女がゾロゾロと歩いているシーンがあり来週はどんな展開になるのか楽しみです。

楽しみの中には食事シーンがあったので水野さんは何をかけられるのだろうとか、口論バトルはあるのかとか色々あります。

泥々した不倫ドラマだったら観なかったかもしれないですが、描写が明るく楽しく観られるこのドラマは来週も見逃せません。

4!他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


九人の愛人が出そろい、それぞれ知人だったり友人だったりしてますます面白さを増してきました。

バカリズムさんは女性の腹の内をよくわかっているなと思います。ここまで露骨ではなくても自分以外の女性への嫉妬や憎しみは絶対にあります。

女性の面白いところが、なぜか不倫や浮気が発覚した時その男より相手の女を恨むというところ。前回の美羽さんへの暴行はえげつなかったですね。もちろん、姑息な手を使った美羽さんも悪いですが。

志乃、夢、長谷川マネージャーの3人が仲良くなるのもあるあるですね。なぜかライバルだったはずが一緒に酒を飲む仲に。

それぞれタイプの違う女性ですが、いるいる!っていう女性たちだから共感できるし面白いのかなと思います。

もちろん、こんなドロドロになってカフェオレかけ合って飛び膝蹴りして…なんてことは滅多にないですが、女同士の独特な世界を見事に物語に反映させてくれています。

今回は、視聴率が悪いとどうなるのか?という素朴な疑問にも答えが出ていて、テレビの裏側を知れたようで面白かったです。

低視聴率のエンタメニュースは結構あるし、なかなか大変なんですね。

でも、私がそうなように、本当に観たい番組こそ録画して落ち着いた時に集中して観るという視聴者も多いと思うので、今のシステムもそろそろ変えていったほうがいいんじゃないかなとも思いました。

志乃ともめた後の浦上ディレクターはなんだかかわいくて、先週あたりから一気に好感度上がりました。

九人の愛人と本妻、それぞれにキャラが立っていて本当に女優さんたちが素晴らしいです。

暴言を吐いたり怖い顔をしたり殴り合ったり、きれいな女優さんたちだからこそ凄みも出ますが、どこか憎めなくてコミカルで。絶妙な加減で成り立っていると思います。

特に好きなのはMEGUMIさん演じる脚本家の夏希さん。

バカリズムさんが当て書きしたセリフもあるようで、本当に表情や喋り方がぴったりで笑わずにはいられません。

いよいよ次回は一同集結!嫉妬や憎しみなどを糧に膨大なパワーを持つ女性が十人も集まれば大変なことになるでしょうね。女性陣の仕返しがどんなものになるのか、今から楽しみです。

5!他の人の「黒い十人の女」を観た感想レビュー!(ネタバレ含む)


いきなりゴングが鳴り響くようなオープニングは面白くもあり、女の変貌の底深さを感じました。

何より、今まであまり成海璃子さんを知らなかったのですが、印象的には清楚や正義と言う感じがあったのであの言葉遣いと佐野ひなこさんを打ちのめす姿は意外で面白味を感じました。

こんな意外な成海璃子さんを表現したバカリズムさんも、視点が良いなぁと思いました。

今回は、前回まで裏でトリンドル玲奈さんを陥れ脱落させようとしていた佐藤仁美さんが逆にやられて、強い女も束になった女達には敵わないのだなと感じました。

成海璃子さんに続き平山あやさんの眉間に皺を寄せて佐藤さんに迫るシーンは迫力があり、修羅場シーンに合う人なんだなと観ていました。

トリンドルさん、平山さん、マネージャー、佐藤さんの四人で、ちょいちょいやり合うシーンは次はどうくる?って楽しく観ていて、何をされても四人とも通常の業務をこなしていくのが面白いです。

ボールペンを刺されて、熱いコーヒーに手を入れさせたトリンドルさんのやり返しはそう来たかと思ったのと、水面下の女の闘いでいじめとは違い嫌な気持ちにならずに観られたので良かったです。

そして、いつでもどこでも痛々しい女の水野さんですが、成海さんのバトルと佐藤さん達のバトルを終わりにさせ、空気は読めないけどみんなと仲良くしたいと言っているのは本心なんだなと感じたのと、この際、水野さんは最後まで痛すぎるぐらい痛い女でいてほしいと思いました。

水野さんが締めて終わりかと思いきや、飛び蹴り女が佐藤さんに一撃して何も言わずに帰っていく姿は圧巻で、飛び蹴り女にもやらかしていた佐藤さんに呆れる水野さんが不倫女達の保護者みたいで良かったです。

世の中を度々騒がせている不倫問題がテーマのドラマってどうなんだろうと、興味本意で観始めましたが、全然暗さと卑屈さが無く笑いがありすぎなので楽しく観られて、このドラマは今後も目が離せないです。

他にも、こんなドラマを多くの人が見ています!


ちなみに黒い十人の女8話のほかにも、「U-NEXT」なら、こんな映画やドラマもオススメですよ。

● 「黒子のバスケ ウインターカップ総集編」

→ スラムダンクとは違った魅力のある青春バスケマンガが原作のアニメです!

● 「東京ゴッドファーザーズ」

→ 世界的な評価を得た日本アニメ!46歳で亡くなってしまった伝説の映像作家である今敏監督作!

● 「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

→ リビアのアメリカ領事館が襲われた!テロリストとの迫力のある戦闘!

● 「デビアスなメイドたち シーズン1」

→ 予想の斜め上をいく美女メイド達のはちゃめちゃドラマ!

● 「チェーン・リアクション」

→ キアヌ・リーヴス主演!謎に満ちたサスペンスアクションに目が離せない!

● 「デッドプール」

→ 正義のヒーロでも何でも無い!ヒールが大暴れします!

● 「レヴェナント: 蘇えりし者」

→ 実在したヒュー・グラスの物語を映画化!壮絶サヴァイブ復讐劇!

● 「ちはやふる 上の句」

→ 競技かるたに青春を注ぐ女子高生!コミックが激売れ!

● 「Orange(オレンジ)」

→ 純愛ラブストーリー!未来からの手紙で全てが動き出す!

● 「真田丸」

→ 戦国武将の真田幸村の奮闘!NHK大河ドラマです!

● 「AVATAR(アバター)」

→ 惑星パンドラで繰り広げられる近未来アドベンチャー!

● 「家売るオンナ」

→ 北川景子が演じる堅物キャラが大ウケ!デキる不動産屋さん物語!

● 「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

→ 女性の下着をかぶったヒーロー!懐かしいあの作品です!

● 「ソラニン」

→ 浅野いにおの人気コミック実写化!メンヘラ女子に人気だとか!?

● 「神さまの言うとおり」

→ 高校のクラスが突然デスゲームの舞台に!?知的な楽しみたいなら!

● 「ヘルタースケルター」

→ 沢尻エリカがバスト丸出しで話題に!整形しまくるアイドルの闇!

● 「おそ松さん」

→ あの六つ子が新しくなって帰ってきた!ティーン中心に再沸騰!

● 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

→ アメコミ人気ヒーローウルヴァリン誕生の秘密!過激アクション!

● 「あなたは私のムコになる」

→ 幸せになるヒントが分かる!?女性に共感を呼びヒット!

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。


今すぐ「U-NEXT」を無料お試しで楽しむ!
ではでは~

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>