映画「バトル・ロワイアル1」の無料フル動画!今すぐ全て高画質で視聴!

どうも、ジョーダンです。

映画「バトル・ロワイアル1」を見逃してしまった!?

せっかく楽しみにしていた作品を途中で見逃してしまったら、とってもガッカリしますよね。全て録画してなければ絶望です。。

でも実は大丈夫です。もし見逃しちゃっても、その放送をフル高画質な動画で見ることができます。

WS000039

もちろん今からフル視聴OKです。

「とは言っても、なんか怪しいヤツじゃないの~?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても、今からお伝えするフル動画配信サービスなら全て100%健全なので心配しなくてOKです。

決して、巷で溢れかえっているような…

● 違法アップロードされた海外の無料動画サイト

● 広告ばかりでゴチャゴチャした怪しい動画サイト

などの類ではありません。

ちなみにここだけの話…もし違法の無料動画アップロードが蔓延しているようなサイトを閲覧すると、最悪の場合ウイルスに感染してしまうことすらあり得ます。ですからリスクが高いんですね。

WS000040

とてもじゃありませんが人様にお伝えする訳にはいきません。それに最近では海外の無料動画サイトで、視聴する側のヒトも捕まりかねませんからね…

このような法律もあり、最近は特に「Pandra(パンドラ)」などの海外の無料動画サイトには、サイバー課も目を見張らせているようです。

~違法ダウンロード法の罰則~

2年以下の懲役
200万円以下の罰金

ということで今回の記事では、映画「バトル・ロワイアル1」を安心安全、かつ簡単にフル視聴して楽しむ方法をお伝えしていきます。

DVDレンタルせずに映画「バトル・ロワイアル1」の動画を今すぐフル視聴!

もうわざわざ、こんなことしなくても済みます。

● 仕方なくレンタルが出るまで待つ
● レンタル屋さんに足を運ぶ
● 延滞料金を気にする心配

そもそもレンタルは忘れた頃に出るので、もう「今さらいっか~」と思っちゃいますよね。これは私だけでしょうか。

でも今は違います。

その場で今スグ全て楽しみことができちゃいます。

というのも、こんな動画視聴サービスを見つけたからです。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

「Amazonビデオ」はいくつかある動画フル配信サービスのひとつなのですが、映画「バトル・ロワイアル1」を見るならこのサービスが1番ですね。

無料お試し期間中(1ヶ月)であれば、無料で全て楽しむことができます。

まぁ控えめに言って・・・コスパ最強だと思います。

特に深夜の30分アニメ・ドラマ作品が好きな方であれば、もし課金したとしても月額たった325円なので、余裕で元が出てると思いませんか?

(あまり映画やドラマを観ない方なら、観たいのだけ「レンタル」も選択できますし)

WS000042

もちろん動画サービス内には、映画「バトル・ロワイアル1」のほかにも豊富なラインナップがあるので、気に入ったら継続して使えばOKです。それはあなたの自由です。どうが寝不足にならない程度に…(笑)

これならもう仕事だったり、なにか突発的な用事が入ったとしても、心置きなくそちらに全部集中することができますよね。わざわざレンタル屋さんに行くよりも合理的だと思って私も使ってます。

ちなみにスマホはもちろん、PCやタブレット端末からも全て動画視聴できるようになっています。確かによくよく注意して観察していると、電車のなかでもドラマや映画を見ている人が増えていきましたよね。

WS000041

ぜんぜん違法アップロードした海外の無料動画などの怪しいやつでもありませんので、急に迷惑メールが来たりするような心配もありません。ぜひ今日から全て楽しんじゃってください。

映画「バトル・ロワイアル1」の他にどんな作品があるのか?というのも、こちらの公式ページに飛べば全部を確認することができます。意外と懐かしいものもあるので、あなたのお好みの作品を色々と探してみるのもオススメですよ。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

映画「バトル・ロワイアル1」のあらすじ(若干ネタバレ含む!?)

中学生同士が殺しあう、という衝撃的な内容で賛美両論を巻き起こした高見広春の原作を、アクション映画の大御所、深作欣二が完全映画化!本作も原作同様世間を騒がし、国会で議論になるほど破門を広げた。

主演: 藤原 竜也, 前田 亜季, 山本 太郎
再生時間: 1 時間, 53 分

出典:https://www.amazon.co.jp

映画「バトル・ロワイアル1」のネタバレ感想レビュー

この映画を観たのは、今から約5年前のことでした。

当時の私は、あまりグロに耐性がなく、少し体を緊張させながら観ていたのを覚えています。

映画の内容としては、とある中学校のとあるクラスの生徒達に政府が殺し合いをさせるという内容のものでした。

殺し合いをさせられる生徒達には、政府がランダムに武器を配るのですが、その武器が多種多様でした。

拳銃やサバイバルナイフ、クロスボウガン等、人の命を容易に奪うことができるものから、フライパンやブーメランなど直接的には人の命を奪うことを想像できないようなものまで用意されていました。

中学生に武器を支給したところで、殺し合いをするだろうか?ということが疑問に浮かぶところではありますが、一人ひとりに爆弾のついた首輪をつけて、殺し合いをすることを強要したのです。

私が、もし、彼らと同じ状況になった時、首に爆弾をつけられていようと、まだ人を殺せる自信はありません。

ですが、彼らは殺し合いを行うのです。

それも殺し合いが始まって、開始5分ほどで一人目の犠牲者が出たのです。

一人目の犠牲者は死角から、クロスボウガンで頭を貫通されて死んでしまいました。

私は人を殺すことができないと思いましたが、最初にクラスメイトを殺害した生徒はおとなしい性格の、私とよく似た生徒でした。

やはり、このような想像もつかない状況になると、人はどのような行動をとるかわからないし、もちろん経験したことないような状況なので、映画を観ていて、どのようなことが起こっても納得のできる内容になっていました。

時期的には、少し前の映画になので、画質はそこまでいいものではありませんが、その画質が人が人を殺すという、非日常。狂気をさらに演出していたのではないかと思います。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

他の人の映画「バトル・ロワイアル1」のネタバレ感想レビュー

映画「バトル・ロワイアル」は(高見広春)さんの同名小説である、バトル・ロワイアルを原作にし、公開された日本映画です。

この作品は当時(R15指定)になっていましたので、実際に主人公と同じ中学生が観賞できない、問題作でしたが、それらのメディアなどの話題性が逆に注目を浴び、興行収入30億円を超える大ヒット作品になりました。

こちらの作品には続編として、「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」がありますが、あまり評価は良くありません。

内容としては、原作ではパラレルワールドの世界で「大東亜共和国」が舞台になっていますが、映画では近未来の日本を舞台にしています。

簡単に言いますと、中学生同士が与えられた武器を駆使し、最後の一人になるまで殺し合うストーリーです。

ちなみにタイトルの「ロワイアル」はフランス語読みで、英語ですと「バトル・ロイヤル」になります。

この映画は日本だけではなく、世界的に人気があり、特にアメリカでは、「歴代最高の映画ランキング500」では235位に選出されており、そして、「史上最高の外国語映画100本」では82位に選出しています。

アメリカでは、BD・DVDの発売が実現したのは2012年でしたが、DVD版は北米のAmazon売上で、外国映画部門1位になるセールスを記録するほどです。

日本映画でグロいアクションが好きな人にはおススメします。

2・他の人の映画「バトル・ロワイアル1」のネタバレ感想レビュー

これほど世の中に問題視された作品あっただろうか。

その作品のタイトルが、バトルロワイアルであります。

とても残酷で卑劣な作品であります。

バトルロワイアルのストーリーは、新世紀はじめであります。

この時代は、少年犯罪が多発しており、それをなんとかしようと大人たちは、ある法案が可決します。

そんな中、ある学校の修学旅行に事件が起きます。

バスに乗っていた最中に、催眠ガスをまかれ乗っていた学生は、みんな寝てしまいます。

起きると一年の時に担任を務めていたキタノという人物が立っておりました。キタノは、ビートたけしが演じております。

そして、キタノから衝撃な一言を言われます。

この3日以内に最後の1人になるまで殺しあってもらうということでした。

そして、逃げようとしたりすると首につけられた首輪が爆殺して殺されてしまうことも告げられます。

逃げ場もなくした学生らは、クラスメイトだった人たちを次々と殺し合います。

とても残酷で卑劣な命令に従うしかない学生は、懸命に殺人をしていきます。とても見てられない衝撃の作品でありました。

最後は、藤原竜也が演じる七原と前田亜季が演じる中川が、生き残りますが、犯罪者として指名手配されてしまいました。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

3・他の人の映画「バトル・ロワイアル1」のネタバレ感想レビュー

東映実録映画『仁義なき戦い』シリーズの監督だった深作欣二が、「過激すぎて日本ホラー大賞を逃して太田出版から緊急出版された」という、曰く付きの原作を映画化すると最初に聞いた時には、正直言ってピンと来ませんでした。

映画より先に原作本を読んでも「これが映画になるのだろうか?」という疑問しか湧かなかったことは確かです。

うーん、若者に色目を使うようになって「深作は老いただろうか」とつぶやきながら、とりあえず映画館の暗闇に座りました。

しかし、スクリーンを見つめている内にそんな杞憂はすべて吹き飛び、『仁義なき戦い』を彷彿させる時代の不穏な空気をパンパンに孕んだ怪作が目の前に登場していました。

学生同士が殺し合いをする不謹慎な映画の大ヒットは、国会を巻き込んでの大論争となります。

商売上手な映画会社の東映は、自粛するどころか『バトル・ロワイアル 特別篇』を公開してさらに世間を煽りました。

だが、しかし、「特別編」と言う名のディレクターズカットが面白かった試しはないのです。

残念ながら付け加えられシーンは、元々削除されても構わない蛇足でした、分かりやすくなっただけで観客の想像力を奪っただけだったと言えるでしょう。

3・他の人の映画「バトル・ロワイアル1」のネタバレ感想レビュー

今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをして貰います―ーといえば、聞いたことがあるという人も多いと思います。

そのセリフの強烈さもさながら、冒頭で躊躇いなく殺される生徒のシーンでは目を覆いたくなると同時に、これからどうなるのだろうと異常な世界観に引き込まれました。

裏切りや復讐や愛憎、と一口に言ってしまえば終わりですが、その裏にある「普段の日常で積もり積もった感情」が異常な世界に真実味を与えていきます。

空想の世界ではなく、妙にリアリティのある薄気味悪さもこの映画の魅力ではないでしょうか。

絶対にありえないと鼻で笑えないどろどろとした普段私たちも抱えていそうな人間の感情が、いつしか目の離せないドラマになっていきます。

全体的に息もつかせない仕上がりなのですが、惜しむらくはそのラストでしょうか。

結局、主人公たちは必死に生き残ったのに追い回されて明日とも知れない現実に戻るなど、報われないままの終わりなのですっきりはしませんでした。

これだけ頑張ってこんなに報われない終わりってあるか?と、最初から最後まで不条理であることは、この作品らしいと言えばこの作品らしいかもしれません。

ただ、川田くんは最後までカッコよく、見ていてすがすがしいキャラクターなので、ぜひ注目して観て頂きたいです。

映画「バトル・ロワイアル1」の関連記事はこちら

あと当ブログで書いた映画「バトル・ロワイアル1」についての記事はこちらです。

ネタバレした感想を全部まとめてたくさん書いてるのもあれば、少ないのもあります。そのときの気分で掲載してます(笑)

お笑いのバトルロワイヤルはこちら。

人志松本のドキュメンタル1話の無料動画を全て視聴!感想あり

他にも、こんな映画・ドラマを多くの人がAmazonビデオで見ています!

ちなみに映画「バトル・ロワイアル1」のほかにも、「Amazonビデオ」なら、こんな映画やドラマも高画質なフル動画で観れるのでオススメですよ。

クドイようですが、もし海外の無料動画サイトを使ってる人がいたら、これを機に卒業したほうが…

● 「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 」

● 「M-1グランプリ」

● 「探偵!ナイトスクープ」

● 「結婚できない男」

● 「素敵な選TAXI」

● 「ローカル線らーめん探訪!」

● 「おもてなしグルメ旅」

● 「ゴッドタン」

● 「雨天中止ナイン」

● 「英国王のスピーチ」

●  「クローズZERO」

● 「東京ゴッドファーザーズ」

● 「ミニオンズ」

● 「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」

● 「サイボーグ009 超銀河伝説」

● 「ミッション:インポッシブル/ ローグネイション」

● 「私の男」

● 「nude」

● 「ビリギャル」

● 「ジュラシック・ワールド」

● 「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」

● 「アイアムアヒーロー」

● 「信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO」

● 「闇金ウシジマくん Part 2」

● 「テラフォーマーズ」

● 「海よりもまだ深く」

…とりあえず、こんなところでしょうか。あとはご自身でページに飛んで、面白いドラマや映画がないかだけチェックしてみると良いかも?

せっかくなのでどれか1つでも「ん?」と興味があったら、これを機会に試してみてくださいね。

繰り返しになりますが、お試し期間中でダダダダダ!と漁ってもいいですし、課金したとしてもコスパ最強の部類です(笑)

ソファーでまったり至福タイムをどうぞ~。

⇒ まずは無料お試し!Amazonビデオ

なにげに「レンタル」で観れるのも嬉しい機能ですよね。

ではでは~

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>