金田一の悪役KREVA(クレバ)が好きになるオススメの曲をご紹介!

どうも、ジョーダンです。

いやーこのKREVA(クレバ)記事が思ったより大盛況。
・・・大まではいかないか、盛況だった(笑)

これね↓
KREVAが実写ドラマ「金田一少年」のキャストとして演技してるだと!

で、せっかくKREVA(クレバ)が金田一に出て、
今週の6話で見納めだからさ、

WS000102

「ラッパーとしてのKREVA(クレバ)は
どーなのよ!?」

ということに興味を持った金田一の視聴者に向けて、

KREVA(クレバ)が好きになる

オススメの曲を5曲、ご紹介してみるよ。


まずKREVA(クレバ)を簡単にご紹介するわ

まず金田一の悪役KREVA(クレバ)が好きになる
オススメの曲を紹介する前に、
簡単に本人についてジョーダン流のご紹介を。

まず最新アルバムがこれね。

このアルバム「K10」の、

数字の10ってどういう意味か知ってる?


ま、「いきなりそんな事言われても・・・」って感じだと思うけど、
この10にはちょっとした意味があって

ソロ活動10周年

を記念して10という数字が付いてるらしいよ。

で、そうなの。

あくまでソロ活動が10周年であり、
実はKREVA(クレバ)は、

KICK THE COMECREW(キックザカムクルー)

という3人グループの中の1人だった時代もあるのよ。

ということで、ね。

そんな感じでラッパーとしてのキャリアも長く、
かつ、現在もガンガンいく姿勢を持ち続けているからこそ!

今回の金田一の悪役としての
ドラマデビューがあった、という訳なのだ。

よし、ではオススメの曲行くでー!

KREVA(クレバ)が好きになる曲:「全速力 feat.三浦大知」

まずはこちら。
上記で紹介した最新アルバムにも収録されてるよ!

KREVAはこんな感じで、
他のアーティストとの共演も積極的なんだ。

他にも、久保田利伸や、
ギラーリストの雅、草野マサムネなどなど。

ちょっと他のラッパーとは違って、

「うお!そうくるか!」と思えるような

魅力的なアーティストを連れてくるのが印象的だ。

KREVA(クレバ)が好きになる曲:「音色」

ジョーダンが大好きな曲で(笑)、
これがKREVAとの出会いのきっかけ!

うん、かなり個人的に思い入れのある曲である。

これはホントKREVAがソロデビューした、
最初のデビュー曲といっても良いだろう。

KREVAのドラマデビューが金田一なら、
ソロデビューは音色ってことだね(笑)

これはカラオケでも歌いやすくてオススメだよ!

KREVA(クレバ)が好きになる曲:「イッサイガッサイ」

LIVEの締め曲としてお馴染み?
夏定番ソングはこれ!

これ何となく聞いたことある人も、多い気がするけどどう?

今年の夏のやっぱこの曲かけてドライブがオススメだ。

ちなみにジョーダンは紳士だからさー、
移動はやはり馬車だよね、馬車るの最高ー!

KREVA(クレバ)が好きになる曲:「NO NO NO」

真新しい世界観がー、
そこーまできてーいる♪

乗りやすいリズムで、
歌詞も元気が出るような一曲なのだ。

ちなみに動画の投稿元が公式では無いので、
いつの間にか削除されてたらソーリー!

ではでは、次で最後ね。

KREVA(クレバ)が好きになる曲:「M☆A☆G☆I☆C 久保田利伸」

きた!最高の形のひとつ。
クレバも久保田もカッコいいぜ。

何気にトラックもオシャレで素敵だよね。

久保田の美声と、
KREVAのリズミカルなラップが見事に融合!

ちなみにこれはPVだけど、
LIVEバージョンもカッコいいから見てみてねー!

あ、そうそう・・・

ちなみにKREVA(クレバ)は、

高学歴の慶応出身

であることも有名だ。

だからラップ聞いてることをバカにするヤツがいたら、

「ラッパーって意外と高学歴なんだからな!」

と反論するには持ってこいだ(笑)

ということでオススメしたのは全部で5曲かな?

金田一のドラマ内でもラップしてほしいなー。

ま、さすがにソレは空気ぶち壊しだよね(笑)

ではでは、これにて終了yeah!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>