プリンセス天功の手品トリックのアイディア発想法が凄すぎる


どうも、ジョーダンです。



あのプリンセス天功が、
TV番組「シルシルミシル」かなんか出たの?




私、ジョーダン見てなかったんだよねー。



でもなんか色々と評判みてると


「可愛かった。」


という声が挙がってるようだね。



プリンセス天功が可愛い?
あれ?ジョーダンがイメージしてる天功と違う?


WS000085

なんて思ったが、やっぱ私がイメージした
あのプリンセス天功のようだな。




「そうか、世も末だな。」


とちょっと染み染み感じてしまったよ(笑)
まぁ見てないからよく分からんが。



で、最近ジョーダンが記事に挙げたコレ。

行動すれば次の現実!成功曲線を描こう(石原明)を読んで思いついたこと


この紹介したオススメ本のなかのエピソードに、

プリセンス天功の手品トリックの
アイディア発想法


これが掲載されてるんだよね。


えーと確か、右脳とか潜在意識を活用した
アイディア発想法の事例としてね。



なんかついでにソレ思い出したからさ、
今回はその彼女の手品トリックの
アイディア発想法が凄いからシェアしようと思う。


プリンセス天功を始め、多くの成功者のアイディア発想法



まずちょっと前置きを書かせてもらうと・・・

右脳や潜在意識を使うことで、
ポンッ!と脈絡の無いところからアイディアが湧くらしいんだ。



で、あの本では、

「成功者はこの事をよく知ってるよー。」
「右脳がくれるアイディアはすごいよ。」


ということについて解説しているパートがある。


で、で!


そこで登場するのが、
そのパートの末尾に記されたプリンセス天功の事例って訳だ。



彼女のほかにもコラムとして色々あったよ。



ま、これ以上は長くなっちゃうから、
プリンセス天功はもちろん、
右脳とか、目標達成への歩み方に興味がある方は
上記した別記事でよろ!


プリンセス天功の手品トリックのアイディア発想法



はい、ということでお待たせしたった。


肝心の彼女の凄すぎるアイディア発想法、
あの本の事例コラムで何て書かれてたか?



これについてご紹介しよう!


プリンセス天功はアメリカやら色んなところで、
何度も何度も手品ショーをやってるけど、


トリックのネタ切れとは無縁らしいだ。


それどころか・・・

試していない手品トリックのアイディアが
厚さ30cm以上のリストになってるらしい!



うん、凄すぎる。


生きてる間に全部できねーやん。
あ、でも天功さんならいつまでも生きられるのかな?(笑)


で、どうやってそんなに大量の、
手品トリックのアイディアを思いついてるのか?



凄すぎる発想法:夢の中でひらめく!



これなのよ。


夢の中でひらめき、
それを起きたときにパパッ!とノートに残すらしい。


それもタダ何となくのメモじゃなくて、
しっかり手品トリックの仕組みの図面とかまで、


きっちり再現できるレベル

でアイディアが降ってくるらしいよ。



なんでそこまで具体的にわかるか?


なんでもねー。

まず夢の中でステージに立って自分がショーしてるんだって。


しっかり音楽BGMをあって、
しっかり色のついた鮮明な夢らしいの。


で、その夢の中でまだ現実世界で、
やったことの無い手品トリックが出るんだって!



マジで凄すぎる!


だって30cmもリスト化できるんだからガチだよな。


すげー便利でいいよね(笑)


常日頃から、右脳に目標を持つといい



なんでそんな素晴らしい夢が見れるのか?


それは本の言葉を借りると、

左脳ではなく、
右脳で目標を持ってるから。



ってのが、とりあえず本の回答になるのかな。


右脳で目標を持つと、

「やらないといけない」から、
「やりたい!」という意識に変わり、


それが積極的に自分の目的に向けて働きかけるらしいよ。


ま、これ以上は本で読むなら読んでくれたまえ。


「うわー夢とかオカルトかよ。」


と思う人もいるかも知れないけど、
というかジョーダンもその手の話は苦手なんだ。



でもひたすらそれ一色の気持ち悪い内容の本とは違うから(笑)
まぁ、安心だと思うよ。


あ、ちなみにプリセンス天功が登場するのは、
後にもその先にも、そのコラム部分のみだからね。


彼女についてもっと知りたいなら違う本をおすすめするよ。


ということで、長くなったしこれにて終了!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>