豊中の千里川が現在、氾濫注意水位に到達!避難しなくて大丈夫か

どうも、ジョーダンです。

豊中の千里川が現在えらいこっちゃだねー!

もう氾濫注意水位まで到達してて、
かなり限界まで近づいているだとか。

うおーちょっとビビる。

この一般のtwitterユーザーの方から、
現在の豊中の千里川の画像を引用させてもらうと・・・

WS000130

18:30時点では、

警報音が鳴り響いてる

ということでかなり緊張感が漂うのが現状って感じか。

もし豊中の千里川が氾濫すれば、
こんな動画のような状況になってしまうってこと?

決して不安を煽るつもりはないけど。

どひゃーーー!

まぁひとくちに避難と言っても、
どこまで避けたらいいかもよくわからないし、

ただこの調子が続けば、
真剣に避難を検討したほうがいいかもね。

でもとりあえず今現在は、

氾濫注意水位ラインを
ウロチョロ動いてる

ということらしいねー。
マジで頑張れ豊中の千里川・・・。


※追記・・・箕面市で避難勧告!23時頃に書いた追加記事

いきなり失礼!

あーいよいよお隣の市に避難勧告がでたけど、

豊中市民がもしも
避難することになったら?

というテーマを中心に記事を新たに追加したよ!

今はちょっと雨足が落ち着いてけど、
まだ油断大敵なのでお気をつけて。

箕面市が氾濫起きて避難することに、いよいよ豊中の千里川は大丈夫か?

ということで、以上が追記で、
以降は、豊中・千里川の凄まじい異名などを紹介してる本文に戻るよ!

ではでは、追記は以上!

過去に氾濫した豊中の千里川の歴史

ちょっと簡単に調べてみたんだけど、
昭和40年代には、

「暴れ川」

なんていう凄まじい異名をもっていたのが、
この豊中の千里川のようだね。

暴れ川って・・・、ガチでやばそうやん(笑)

ただ、その暴れ川の異名を持つ豊中の千里川だけど、
ココ最近は、一切氾濫や洪水などの災害も無いらしいよ?

だからもう暴れ川と呼ぶ人はいないようだ。

昭和40年代っていうと、
50年前前後・・・って感じかな?

ちょっと計算おかしいかも?
まぁ、かなりアバウトな数字かもしれん。

でも仮に50年前から氾濫していないとしたら、
(縁起でもない話だけど)現在の千里川が氾濫したら

50年に一度の氾濫

ということになってしまう訳か。

・・・マジ勘弁!

でも今の豊中の千里川が氾濫対策バッチリ!

まぁ上記ではちょっとアレだったね、
豊中民の不安を煽るようなことを書いてしまったけど。

現実的なことを言うと、
昔に「暴れ川」という異名を持っていただけに、

現在は氾濫対策がバッチリらしいよ!

もちろん、絶対安心!という訳ではないけど、
上記の千里川の画像を見ての通り、
まぁー油断できない注意水位まで来てるからねー。

あとは避難するかどうか?といった話は、

完全に現地の状況判断

に任せられてる感じだね。

避難ってひとくちに言っても、
かなりの集団移動になる訳で一筋縄でいかないだろうし。

それでも避難警告の決断が出るとしたら、
やはりよっぽどの緊急事態であることは明らか。

それこそ、ちょっとした歴史的な出来事になるのかな?

時間帯が夜間なのが困る・・・

警告音が鳴り出したのが、
夕方から~現在19時30分あたり。

で、豊中の天気を見ても、
まだまだ油断ができない状況。

この現在の状態から、
Twitterユーザーたちの声を拾ってみると、

「明日、月曜なのに落ち着かない。」

「どうせならもっと早く・・・」

「もう静まれ。」

・・・だよねー、きついよね。

そりゃ何事もなく過ぎるのが一番だけど、
あまり明日に響くのは勘弁してほしいってのも本音。

こればっかりはねー自然の起こすことだし、
過去にここまでのことってレアケースだから難しいよね。

うん、とにかく無事に過ぎることを祈るのみ!

というか、それしか人間ひとりが出来る術が無い。

とにかく氾濫だったり、
なんか被害が出るような騒ぎになりませんよーに!

避難なんてもってのほか!

ということでこれにて終了ー!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>