箕面市が氾濫起きて避難することに、いよいよ豊中の千里川は大丈夫か?


どうも、ジョーダンです。


おぉぉぉぉい!

箕面市がとうとう・・・

避難勧告かよぉぉぉ!


さっきまで悠長に、
こんな記事書いてたけど
豊中の千里川はマジで大丈夫か?


こんな記事:豊中の千里川が現在、氾濫注意水位に到達!避難しなくて大丈夫か


箕面と豊中はお隣さん同士だからね。

WS000132

ちょっと箕面市の様子を画像で見てると、
さすがに心配になってきたわ。


あまり不安を煽りたく無いけど、
避難する準備とかした方がいいのだろうか。



箕面市の氾濫してる様子を画像でどぞ


ちょい画像見てみこれ、
箕面市の現在の様子がなかなか・・・。


WS000133

WS000134

WS000135

Oh…ハンパじゃないぞ。

ちなみにTwitterから引用させてもらたったー。

豊中の千里川よ、粘れ!


上記で触れたこの記事の千里川の画像もなかなか。
この時は氾濫注意水位をウロチョロしてた状態。


豊中の千里川が現在、氾濫注意水位に到達!避難しなくて大丈夫か


この調子で氾濫せずに粘ってくれたらいいけど。


「人生でこんなの初めてみた。」


みたいなことを年配の方が言ってるのを見ると、
さすがに不安になってくるよねー。



というか、台風でも無いのに集中豪雨ってなんだよ!
そういうのは台風の仕事だろ(笑)


なんて冗談言ってる場合じゃないのかな?
避難するとなると、
時間帯的に混乱が起きやすい気がするけど。

もし豊中の千里川が氾濫し避難になったら・・・


せっかくだから、ここでもしもの話を。

「もし避難勧告がでたらどうしたらいいか?」


ということについて、
簡単に調べてご紹介させてもらおう。


ちなみに厳密にいうと、避難にもレベルがあって、
避難勧告と避難指示で違いがあったりする。


でも、それは氾濫・洪水とかの災害の危険度を現すだけで、
避難するべきであることは違いないらしいよー。



で、避難すべきはもちろん安全な場所へ!


うん、すごく当たり前だけど。

基本的には指定された避難場所へ行くっぽいね。
例えば、学校だとか。



あとはもし親族だとか、そういった繋がりの方の家に
頼んで避難させてもらう、というのも主流のひとつなのかな?



あとは、避難中の為の持ち物の準備を!


具体的には、とにかく

食料の確保

ってのは必須になってくるかも。


特に箕面市やら他の地域まで避難が拡がると、
各自の準備に頼らざるを得ないだろうし。


あとは貴重品と、今の夏の時期だと
多少、薄着で平気かも知れないけど、
体温調節の為の衣類も必要になってくるだとか。



特に、これから夜中に差し掛かるから、
懐中電灯や携帯の充電器も忘れないようにしたい。



あと心配なのは、
お年寄りとか赤ちゃんとか身体に不自由がある人だねー。


そういう方がいらっしゃる場合は、早め早めの行動を。


とりあえず、こんなところだろうか。
まぁ、もしもの時は深呼吸して冷静にいこう。


雨が落ち着いても、まだ氾濫の危険はあるよ!


ではでは、この記事の最後に。


今現在、箕面市が氾濫し避難勧告が出てる訳で、

たとえ豊中の雨足が弱まってきても、

まだ千里川が氾濫する可能性は
存分にあるから注意しなきゃねー。



箕面市のように、水量がパンクすると氾濫になる。

だから、現在の雨量が減っても、
現在の水量が一杯ならパンクし氾濫する危険性が孕んでる。



現に、今ちょっと落ち着きつつあるのかな?
でも安心しきるにはちょっと早いのかも。


うん、だからお互い気をつけよーね!


まさか大阪でこんなことが起こるとはね。


なんとなくこういうのって、
田舎な地方のイメージがあったけど。



いや、普段あまりこういった事例が無いからこそ、
箕面や豊中あたりはちょっと対策が疎かだったりするのか?



うーん、まぁそんなこと言ってても仕方ないか。


とにかく被害がこれ以上増えませんように。
それが何よりも願っておきたい部分。




ニュース流しっぱで目が離せない状況ですな。


ではでは、これにて終了ーっと!

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>