テング熱ではなくデング熱、代々木公園でなぜ感染したのか

どうも、ジョーダンです。

いきなりだけど、ジョーダン、

「デ」ング熱じゃなくて
テング熱だと思ってたよ・・・。

WS000162

うん・・・まぁそんな事もあるさ、
決して視力が落ちたとかそんな事では無い!はず!

うん、でテング熱改め、デング熱は、
蚊を媒体にして感染するよーだけど・・・

そもそもなんで、
そんな危険な蚊が代々木公園にいんの?

マジ怖いやん。

しかも蚊で感染するとか・・・
アレだろ、

マンガの彼岸島
思い出してしまったよ。

彼岸島

ちなみに彼岸島では、
蚊に刺されると・・・

吸けつ鬼になってしまう

うん、ゾンビみたいなね、パニックだよ。

※追記:デング熱の感染拡大してピンチ

突然、失礼ーーー!

この代々木公園で感染が広まったデング熱。

さらに他県でも感染するほどに、
拡大してることが明らかになったよね。

ということで、そのことについて、
さらに別記事で書き綴ったので良かったらチェックよろ!

デング熱は危険度が低いから感染拡大しても安心なのかと思ってた

簡単にいえば、

「デング熱が危険度低いからって油断するな!」

という話を書いたよー!

ではでは・・・以降はこの記事の本文に戻ります。

以上、追記でした。

繰り返す!テング熱ではない!デング熱だ!

まぁ上記の彼岸島の話はさておき。

何度でも言っておこう。

なんか時たまデング熱を、
テング熱と間違えてる人がいるけど・・・

それ人前で言わないように気をつけてね?(笑)

うん、ジョーダンもさー、
思いっきり間違えてテングだと思っててさ。

話相手からデング熱ってさきに出てこなかったら、
危うく恥をかくところだったよ(笑)

あっぶねーマジで。

「テングってお前・・・(笑)」

とか笑われるところだった。

なんでデング熱に感染した蚊が代々木公園に?

さてさて、またどうでもいい話をしてしまった。

そんな冗談ばかりいってられる事態では無いっぽいね。

代々木公園で感染するとなると、
もしかしたらもっと拡がる可能性だってありそうだ。

で、専門家の話によるとね・・・

なんでデング熱を持った蚊が
代々木公園にいるの?って話だけど

その原因は海外にいた
デング熱感染者が、
日本の代々木公園に来たから

という推測をしているようだよー。

つまり感染者が代々木公園の蚊に刺されて、
それが原因で拡がりつつあるようだ。

うわーすごい確率だ。

でもまぁ広まる時ってそういうモンだよね。
嫌な運命だよねー。

それからもうひとつの説として、

もともと日本に生息していない種類の蚊が、
国内はもちろん、代々木公園にまで来ていた。

って考えもあるらしいね。

勝手に蚊が密入国した

みたいな意味だよね(笑)
こういうタフなヤツ怖いわマジで。

テング熱・・・もといデング熱は治療で完治できる!

いまだにテング熱引きずっちゃうよね。

で、このデング熱ってどのくらい凶悪なの?
って思って調べてみたけれど・・・

もう治療法はわかっていて、
完治することが可能

だってよー、まずは一安心。

でもやっぱり免疫力の弱い赤ちゃんとか、
絶対に代々木公園いっちゃあかんわ。

実際、大人でも完治できるとは限らないし、
赤ちゃんが刺されてデング熱に感染したら大変だろう。

ほんと代々木公園周辺の人だったり、
なんとなく観光で立ち寄った人は注意して欲しいね。

きっと今はもう蚊を駆除する薬まいて、
立ち入り禁止状態なのかな?

まぁ、その立ち入り禁止なのに、
わざわざ危険を犯して侵入するヤツはいないだろうな。

いたらもう・・・自業自得としか(笑)

まだエボラ熱がどうとか、
色々と騒いでる状況なのに・・・

エボラで戦争が起きる?襲撃で感染者20人が逃走、現地の精神がヤバい

次から次にやめてほしいわ!

なんか自然災害も色々と起こったでしょ?

なんか最近、色々と荒れてるよねー。
ちょっと落ち着いて欲しいな。

ということで、例え代々木公園に離れてる地域でも、
蚊が感染経路である以上、
何が起こるか分からないのでお気をつけて!

お出かけの際は虫除けスプレーを忘れずに。

ではでは、これにて終了であーる。

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>